トップページ > はたらクリップ [株式会社エンファクトリー]

はたらクリップ

複数の仕事に並行して取り組む「パラレルワーク」という新しい働き方をご存知でしょうか?創業の2011年当時から「専業禁止」を掲げるエンファクトリーは、まさにそんな働き方を推奨している会社です。会社へのメリットも大きいと話す加藤健太さんにその効果を聞きました。

People

個人の成長を見据えた、人材ポリシー“専業禁止”

エンファクトリーは、どのような事業をされている会社ですか?
加藤さん:いま、インターネットのサービスによって個人が実現できるハードルが下がっています。専門家やつくり手、フリーランスの時代が来ると見込んで、そういう方をお手伝いする事業を展開しています。具体的には、つくり手の商品を販売する「EC事業」、業界のプロを法人に紹介する「プロマッチング事業」、当社のクリエーターによるIT開発の「クリエイティブ事業」の3つがあります。
人材ポリシーを「専業禁止」にされたのは、
事業とも関わりが深そうですね。
加藤さん:はい。「専業禁止」はあくまで理念なので、実際に禁止しているわけではありません。ねらいとしては、個人として生きる力をつけることがこれからの時代に必要だと感じたからです。個人の自己実現を考えたときに、会社がすべての成長の機会を与えられるわけじゃない。外にあるチャンスをどう活かすかを自身で考えてもらいたかったんです。同じ会社にどっぷり浸かっていても気づきはありません。自分の”システム”の外に出ることが成長につながるんです。

時間の使い方を工夫して、事業主としてパラレルワーク

実際に社員の方はどんな働き方をしていらっしゃいますか?
加藤さん:当社でいう「専業禁止」は、副業じゃなくて複業、つまりパラレルワークを見つけてください、ということ。時間を切り売りして働くのではなく、個人事業主や会社経営で事業主となって力をつけてほしいと思っています。労務形態でいうと、裁量労働制かフレックスタイム制(コアタイムなし)のどちらかですので、基本は自由な時間の使い方の中で働くことができます。なので、昼間に抜けるスタッフもいます。ただし、パラレルワークをしているからと言って、ミッションを軽くしたり、給与や評価を考慮したりはしていません。自分の時間の中で、自分で工夫してやってもらっています。
どんな仕事をやっている方がいらっしゃいますか?
加藤さん当社では半年に一度みんなの前で発表してもらっていますが、本当にいろいろです。渋谷でハリネズミに触れ合えるカフェを運営しているスタッフもいれば、他社のウェブメディアの編集長をやっているスタッフもいます。防災の専門家、パグ専門の服の通販業、コーヒーの輸入業などもあります。スタッフの6割にあたる23人がパラレルワーカーで、年商は合計で約2億円ありました。労働集約的な働き方では行き詰まることに気づいて、自然と自分の得意分野と能力を掛け算して事業を起こすスタッフが多いですね。

皆の前でオープンにして、会社にもメリットを還流

パラレルワークは会社にどんな影響をもたらしましたか?
デメリットもありそうですが・・・
加藤さんデメリットなんてありません。いま、時代の流れで副業を認める会社が増えてきました。けれど、ほとんどの会社が自社にメリットをもたらすかたちでの取り組みができていないんです。パラレルワークで個人が成長すると、リーダーあるいはミニ経営者として本人の目線が上がります。それを会社の中で活かすには、「還流させる」しくみがポイントになります。それが、全員の前でオープンにすること。当社では、自分がどんな事業をやって、そこでどんな知見やアイデアを得たかを報告する「エンターミナル」という発表会を半年に一度やっています。そこで、困っていること、学びを得たことなど何でもスピーチします。すると、そこで「アイデアや知の還流」ができて、会社の事業にも活かす流れができるんです。オープンにするメリットは他にもあって、会社の仕事をもっとがんばるようになります。「ほかで仕事をやっているせいで、会社の仕事がおろそかになるなんて恥ずかしい」、そういう自然な牽制がかかるんでしょうね。情報漏洩もできませんしね。パラレルワークはメリットしかありません。
でも、そんな優秀な人だと辞めてしまいそうで心配ではありませんか?
加藤さん:心配してもしょうがないでしょ(笑)。優秀な人が辞めるのは仕方のないことです。どちらかというと「相利共生」がキーワードで、辞めた後も連携できる関係性づくりをすることが大切だと思います。そうすると退職しても、軸足が同じ会社じゃなくなるだけ。中にいた人的資産が関係性の資産に変わるだけ。どんどん輪が広がっていくイメージです。何か協力してほしいときには、連携すればいいんです。

これからますます、パラレルワーカーの時代が来る

実際、エンファクトリーの業績が上がったなど、
いい効果はありましたか?
加藤さん個人の力がつくと、それは会社の力になるんです。ネタがいろんな方面から集まってきて、事業案件がポコポコとできています。当社は35人くらいの会社ですが、15ものサービスを運営しています。これはパラレルワークで個人の力がアップしたことも関係していると思います。11月から新たに「副業特区」というサービスも立ち上げますが、これはまさにパラレルワークを推進するサービス。法人と個人がアカウント登録をし、パラレルワーカーやフリーランス人材を法人のプロジェクトチームの一員にするものです。会社員の場合は時間超過にならないよう労務を管理できるしくみも導入します。企業にとっては、これまで採用市場に出てこなかったような優秀な人材をプロジェクトメンバーに加えることができるため、社会に人材の還流を起こせると思います。
働き方がどんどん変わっていきそうですね。
今後はどんな社会になっていくと思いますか?
加藤さん:時間外労働の上限規則は来年度から中小企業も対象になります。社員が会社にいる時間が減るため、全員一律で学習や自己実現の機会が与えられていた状況が変わるでしょうね。すると優秀な人ほど、外に目が向くようになる。サラリーマンがパラレルワーカーとして活躍していく流れができると思います。同時に会社や組織の垣根がなくなって、パラレルワーカーがさまざまなプロジェクトで活躍する機会が増えていくでしょう。また、多様化によってスケールメリットが出にくくなっているので、中途半端なビジネスは生き残れません。逆に小さなビジネスでもファンが獲得できるような深掘りしたサービスや商品を提供できれば収益が出ます。今、シェアードサービスで固定費が変動費化しているからです。一人でできることも増えるので、ますますフリーランスやパラレルワーカーが活躍できる。会社だけではなく、どんどん外にも目を向けたほうがいい時代が来ると思います。

ありがとうございました!

「専業禁止」というと、本業がおろそかになってしまいそうですが、実は個人や会社の力をアップする取り組みでもあることがわかりました。働き方改革によって、社内の求心力を高める必要性があります。パラレルワークがそのカギを握っているのかもしれません。

株式会社エンファクトリー

2011年、株式会社オールアバウトより新設分割し、設立。専門家やつくり手、フリーランス、パラレルワーカーを支援するサービスを展開。EC事業の「スタイルストア」、プロマッチング事業の「専門家プロファイル」、クリエイティブ事業の「チームランサー」などのしくみを運営している。2019年11月から「副業特区」のサービスをスタートする。

法人・個人事業主のお客さま向けカード

  • NTTファイナンスBizカード ゴールド
  • NTTファイナンスBizカード レギュラー
NTTファイナンスBizカードの申込・詳しい情報はこちら
最新の「はたらクリップ」を読む 過去の「はたらクリップ」を読む
PageTop