トップページ > トレスポ[家族連れ&手ぶら歓迎 都心の“穴場釣り堀”を直撃!!]

家族連れ&手ぶら歓迎 都心の“穴場釣り堀”を直撃!!

家族でアクティブなレジャーを楽しむのに最高の季節が近づいている。レジャーというと「遠出するもの」というイメージがつきまとうが、都心でありながらのんびりとした気分が味わえ、しかも遊びざかりの子どももきっと満足できるのが「釣り堀」だ。
実は都内は絶好の釣り堀スポット。川沿いの一角で営業する昔ながらの釣り堀も風情があるが、レジャー施設に併設されていたり、天気に左右されない屋内型の釣り堀など、さまざまな釣り堀が都内には点在している。絶え間なくゆらぐ水面を見ているだけでも日常の喧騒を忘れることができる上に、テクニックにさほど頼らず、釣りというアクティビティを気軽に楽しめるとあれば、家族でのレジャーにぴったりなのは間違いないはず。そこで、編集部が「ここぞ!」という釣り堀を厳選し、現地調査を行った。


1mクラスのチョウザメが釣れるかも?

東京都足立区、京成関屋駅または牛田駅から徒歩3分というアクセス抜群の「スーパーフィッシング足立」は、体長1mのチョウザメなど40cm以上の大物が釣れると評判の釣り堀だ。屋内型の施設内には、大きさの異なる釣り堀が3カ所あり、「ミニ池」と呼ばれる釣り堀には色鮮やかな金魚、「すわり池」と呼ばれる釣り堀にはチョウザメや錦鯉、緋鯉、ナマズ、ヘラブナなどが泳いでいる。「チョウザメとナマズが一緒に入っている釣り堀は、かなり珍しんじゃないですかね」と話すのは、スタッフの三戸部義一さん。遊び方は一般的な釣り堀同様、キャッチアンドリリースが基本で、釣った魚の大きさや量に応じてもらえるポイントを貯めて景品と交換するという仕組み。金魚だけは小さいもの2匹まで持ち帰ることができる(持ち帰った場合、ポイント交換はなし)。
早速、記者もすわり池に陣取り、大物を目指して釣り糸をたらしてみた。すると、ものの5分も経たないうちにヒット。グイグイと糸を引く手応えがあり、狙い通りに40cm以上の鯉が釣れた! 初心者からしてみれば、これほど手軽に大物を釣ることができるのはかなり盛り上がるだろう。記者もゲットしたポイントで駄菓子を手に入れたが、ポイントを大量に貯め込めば、ぬいぐるみやおもちゃにも交換できるという。また、ビンゴ形式のスタンプカードもあるので、足しげく通う常連も多いとか。土日はアミューズパーク足立内のバッティングや宝石探し、ゲームをして時間を潰すこともできる。天気に関わらず一日中、家族で楽しめるアミューズメント施設と言えるだろう。


スーパーフィッシング足立を大解剖!
  • スーパーフィッシング足立のメイン釣り堀「すわり池」には2つの池がある。写真手前の1番池と奥の2番池では泳いでいる魚の種類が異なるので、狙う大物によって座る場所を確保しよう。
  • 釣った魚のポイントによって駄菓子のほか、ぬいぐるみや、わたあめメーカーといったおもちゃにも交換できる。
  • 「ミニ池」は金魚釣りや金魚すくいが楽しめるエリア。小さな子どもを中心に人気となっている。スペースが空いていれば、エサ代のみですわり池への移動もできる。
釣り堀以外の遊び場もチェック!

  • アミューズパーク足立内の「わくわく宝石探し広場」は、スコップで砂の中をかき、網に入れて宝石を探すコーナー。女の子に人気の遊び場だとか。
  • 「バッティングセンター」は、80kmから150kmまでのスピード別に5打席用意されている。ボードを射抜くストラックアウトゲームもある。
  • 「ゲームコーナー」には、ホッケーゲームやUFOキャッチャー、カプセルトイなどたくさんのゲーム機が集められている。

[取材先情報]
スーパーフィッシング足立(アミューズパーク足立内)
東京都足立区千住関屋町19−1
[営業時間] 平日12:00〜23:00/土日祝10:00〜23:00(受付は22:00まで)
無休


遊園地にある穴場釣り堀

東京都荒川区、都電荒川線の荒川遊園地前駅から徒歩3分、都内で唯一の区営の遊園地であるあらかわ遊園の中にあるのが「魚つり広場」だ。こちらの釣り堀は、釣り竿もエサも持参する人専用のエリアと、手ぶらで釣りを楽しみたい人向けに、釣り竿とエサをレンタルできるエリアに分かれている。いずれも金魚やヘラブナ、鯉が放されているが、池が隅田川とつながっているため、時にはウナギやドジョウが釣れることもあるらしい。
そのゆるさがいかにも下町のアミューズメントパークらしいが、家族連れにありがたいのが、お得な親子券が用意され、4歳から釣り堀を楽しめるというところ。「釣りが初めてというお父さんやお母さんでも、釣り方や釣れるポイントを教えることができるので、どんな人でも必ず釣れるところがポイントです」と教えてくれたのは、スタッフの今村義幸さん。この取材をするまで釣りは未経験だった記者も、今村さんの指導のおかげで無事、ヘラブナや金魚を釣ることができ、釣りの面白みを体感することができた。あらかわ遊園には小動物と触れ合えるどうぶつ広場やのりもの広場、水あそび広場もあり、お昼はしばふ広場でお弁当を広げることもできるので、まさに家族にはぴったりだ。


あらかわ遊園の魚つり広場を大解剖!
  • レンタル釣り竿専用の池。入り口付近がもっとも魚が集中しているエリアで、子どもと出かけるときはココがおすすめ。
  • 写真の手前左もレンタル釣り竿専用池。奥はマイ釣り竿とエサを持ってくる人のエリアで、思い思いに釣りを楽しめる。
  • 魚つり広場内にある休憩所。3歳以下の子どもや家族はここで待機したり、昼食をとったりすることもできる。
釣り堀以外の遊び場もチェック!

  • 「どうぶつ広場」には、クジャクやヤギ、ミーアキャット、ポニーなどさまざまな動物が大集合。直接触れ合える動物も。
  • 昔も今も子どもたちに人気の豆汽車。どうぶつ広場を巡る全長195メートル、約3分の汽車の旅が楽しめます。
  • 「のりもの広場」では、日本一“遅い”ジェットコースターといわれるファミリーコースターも稼働中。3歳から乗ることが可能。
    ※ファミリーコースターは、定期点検のため、6月22日まで休止しています。

[取材先情報]
あらかわ遊園 魚つり広場
東京都荒川区西尾久6-35-11
[開園時間] 9:00〜17:00(魚つり広場は16:30まで)
休園日 毎週火曜、年末年始、学校の春・夏・冬休み期間は無休



過去の「Traceリサーチ隊」一覧を見る
PageTop