トップページ > 特集 vol.46 世界のチョコレート事情

世界のチョコレート事情

本命チョコや義理チョコから逆チョコ、友チョコなど、バレンタインデーに贈るチョコレートはかなり細分化しているようですが、そもそも2月14日にチョコレートを贈る習慣はいつから始まったのでしょう? このページではそんな疑問を解きつつ、海外のチョコレート事情も探ってみました!

板チョコ3枚から始まったバレンタイン

 日本ではバレンタインデーに女性から男性にチョコレートを贈るのがおなじみですよね。この習慣が確立されたのは、昭和30年代後半のこと。高級チョコレートメーカーのメリーチョコレートが、ヨーロッパでバレンタインデーに男女が花やカード、チョコレートを贈り合う習慣があることをヒントに、1958(昭和33)年、東京新宿の伊勢丹でバレンタインセールを行ったことに始まるといわれています。しかし、バレンタインを知る人も少なかったため、3日間のセールで板チョコレート3枚とメッセージカード1枚しか売れなかったのだそう……。
 同社は翌年のバレンタインデーにもセールを実施。チョコレートをハート型にして名前を入れられるサービスを発案したり、「年に一度、女性から男性へ愛の告白を!」とキャッチコピーを付けたりと試行錯誤する中で徐々に認知されるようになり、森永製菓などもバレンタイン向けの広告などを出稿するように。そして昭和40年代から50年代にかけて盛り上がりを見せ、現在のような年中行事として定着するのです。

戦前からバレンタインチョコは存在!?

 チョコレートを贈る習慣が認知されるようになったのは昭和30年代からですが、実は戦前にもバレンタインデー向けのチョコレートが販売されていたのだそう。1931(昭和6)年に神戸で開業したモロゾフは、開業の翌年にバレンタインデー向けのチョコレートを発売。1936(昭和11)年には英字新聞「The Japan Advertiser」に、日本初のバレンタイン広告も出稿しているんです。こうした功績により、1993(平成5)年には、バレンタインデーのルーツである聖バレンチノ教会があるイタリア・テルニ市から神戸市へ「愛の像」が寄贈されています。

エイプリルフールに魚のチョコ?

 日本のお隣・韓国でもバレンタインデーにチョコレートを贈る習慣が根付いているようですが、記念日にチョコレートをプレゼントしたり、おいしくいただく文化は世界共通のようです。ここで、世界の記念日とチョコレートのつながりを見てみましょう!

イースター(復活祭)

春分のあとの最初の満月の次にくる日曜日は、キリスト教においてもっとも大切な祭であるイースター(復活祭)。ヨーロッパでもっともチョコレートが売れる季節のひとつでもあります。この時期には、復活を意味するイースターエッグと、それを運んでくる豊穣の象徴であるウサギをモチーフにしたチョコレートがショコラトリーを彩りますが、こうしたお菓子は19世紀から盛んにつくられるようになったそう。


恋人の日

縁結びの神様として親しまれている聖アントニオの命日の前日である6月12日は、ブラジルでは「恋人の日」とされています。この日は恋人や夫婦、パートナー同士で、写真を入れたフォトフレームや花束を贈り合うのだとか。チョコレートをプレゼントするのも主流とのことで、ブラジル版バレンタインデーといえそうですね。


ポワソン・ダブリル

軽いいたずらをしても許される日として知られるエイプリルフール(4月1日)。フランスではこの日を「ポワソン・ダブリル(4月の魚)」と呼び、魚をかたどった魚肉のムースやパイ、そして魚の形をしたチョコレートを楽しむ習慣があるんです。日本でもエイプリルフールの新たな楽しみ方になるかも?


クリスマス

イースターと並んで、ヨーロッパのショコラトリーが活気づくのがクリスマス。ロールケーキを薪に見立てて、表面に樹皮のようにチョコレートやクリームを塗るブッシュ・ド・ノエルがおなじみですが、フランスでは19世紀後半頃からクリスマスケーキとして浸透していたようです。

 ちなみに、韓国ではバレンタインデーに女性からチョコレートなどのプレゼントや愛の告白を得られなかった人が悲しみを慰め合うために、4月14日をブラックデーとして、黒い服を着て、見た目が黒い食べ物を食べる文化もあるのだとか……。

いまも昔もチョコレートは健康食品!

 虫歯になる、食べ過ぎると鼻血が出る、ダイエットの敵……などなど、チョコレートにはさまざまなイメージがありますが、いま挙げたどの話も科学的な根拠のない誤解に過ぎません。むしろチョコレートは近年、その栄養機能について大きな注目を集めています。
 チョコレートの原料であるカカオに含まれているのがカカオポリフェノール。このカカオポリフェノールの抗酸化作用によって、動脈硬化の防止や心臓病のリスク低減、ストレスの抑制などに効果があると研究が進められているんです。紀元前の時代から薬としても珍重されてきたチョコレートですが、その有用性が科学的に解き明かされようとしているんですね。ちなみにユニークなところでは、生のカカオにはアナンダマイドやフェネチルアミンといった“至福物質”が含まれているため、恋愛しているときの感覚を呼び起こしてくれるなんて話も?

労働者や軍人もチョコレートは手放せない?

19世紀、固形チョコレートの開発に成功したイギリスで、チョコレートは労働者階級にも広く受け入れられました。当時の労働者のエネルギー源はアルコール。それが、チョコレートの登場で、安価で簡単に血糖値を上げることが可能になったのです。また、イギリス海軍では伝統的にラム酒を飲んでいましたが、それよりも栄養価が高く安価なホットチョコレートを飲む習慣が18世紀前後から広がり、現在でもココアが飲まれているようです。

100万人以上が集うチョコの祭典

 チョコレートが食べ物として世界に広がってから100年余り。アメリカやイギリスなどでは、工場で生産される規格品チョコレートが広く普及していますが、チョコレート大国と呼ばれるベルギーやフランスでは、職人による手づくりのチョコレートが生活の中に溶け込んでいます。
 チョコレートが文化といえるフランスで1995年から開催されているのが、職人によるチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」。いまやアメリカ、日本、中国、ロシア、ブラジル、エジプトなどでも開催されているこのお祭りには、世界各国の有名ショコラティエやチョコ関連企業が出展し、100万人以上の来場者が訪れるとか。新作発表やコンテストをはじめ、ショコラティエとデザイナーのコラボレーションによる“ショコラ・ドレス”のファッションショーなども話題となっています。

日本では2003年から開催

イギリスなどと同様、規格品チョコレートが主流だった日本で高級チョコレートが楽しまれるようになったのは、1972(昭和47)年、ベルギー王室御用達のゴディバの日本進出がきっかけだといわれています。1980年代後半には銀座和光の「和光チョコレートショップ」をはじめ、本格的なフランスのショコラを扱う海外店も続々とオープン。2000年代になると日本発のショコラトリーも増加し、2003(平成15)年、新宿伊勢丹で開催された「サロン・デュ・ショコラ」を機に、文化としてのチョコレートが日本でも浸透するようになりました。なお、今年の「サロン・デュ・ショコラ」は2月上旬、東京をはじめ全国7都市での開催が予定されています。

欧州のチョコ消費量は日本の5倍以上!?

 世界のチョコレート事情、最後は各国のチョコレート消費量を見てみましょう。日本チョコレート・ココア協会が公開している2014年の統計によると、世界主要国でチョコレートの国内消費量がもっとも多いのはドイツの約93万7千トン。2位のイギリス(約51万2千トン)、3位のフランス(約45万7千トン)を大きく離してダントツの世界一なんです。個人消費量も以下のようにドイツがトップ。そしてミルクチョコレートを開発したスイスが続いています。

 国内消費では4位に入っている日本ですが、一人当たりの消費量は2キロ。ドイツやスイスと一人当たりの消費で5倍以上もの差があるのは驚きですね。

※海外のデータは国際菓子協会/欧州製菓協会の統計がもとになっているため、同協会にデータを公表していないアメリカなどの消費量は反映していません


海外に比べれば、日本のチョコレート消費量はまだまだ少ないものの、その奥深さに魅せられる人は年々増えているようです。温かいココアやおいしいチョコレートで元気をつけて、寒い冬を乗り切りたいものですね。

参考文献(順不同)
八杉佳穂『チョコレートの文化誌』(世界思想社)/武田尚子『チョコレートの世界史 近代ヨーロッパが磨き上げた褐色の宝石』(中公新書)/佐藤清隆『チョコレートの散歩道 魅惑の味のルーツを求めて』(エレガントライフ)/佐藤清隆+古谷野哲夫『カカオとチョコレートのサイエンス・ロマン 神の食べ物の不思議』(幸書房)/『世界の一流ショコラ図鑑』(講談社)/日本チョコレート・ココア協会ホームページ 等

  • 1
  • 2

Traceおすすめの関連商品

  • <フーシェ> ショコララスク
  • <シェ松尾> ショコラ・モアール
  • <レーマン> ムーギチョコレートギフトBOX
  • <ヴィタメール>ショコラ・ド・ヴィタメール(24個入)
大丸松坂屋オンラインショッピング

ギフト好適品、デパ地下スイーツ、ブランドコスメなら

お中元・お歳暮をはじめ、各種お祝い・内祝いなどに好適な定番ギフトから手軽なプチギフトまで揃えたギフトコーナー、東京、神戸、北海道など全国各地の人気スイーツやお買い得ワインセット、銘店グルメ満載のデパ地下、百貨店ならではのブランドコスメが充実したコスメコーナーがオススメです。

倍増TOWN経由で大丸松坂屋オンラインショッピングをご利用いただくとNTTグループカードご利用ポイントが4倍!(2017/1/20現在)

※倍増TOWNのご利用にはMyLinkへのログインが必要です。 ※一部ポイント加算の対象外となる商品・ご注文がございます。詳しくはこちら

※別途送料がかかる場合がございます。 ※掲載の商品は、在庫がない場合や予告なく販売終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。 ※価格は変動の可能性がございます。最新の価格は商品ページでお確かめください。 ※商品の色はご覧頂いている環境によって実際の色とは異なる場合がございます。

PageTop