トップページ > 食べ倶楽部[個性が光るプリンを食べよう!]

食べ倶楽部

個性が光るプリンを食べよう!

ここはお取り寄せ大好きな男女が集う「食べ倶楽部」。全国から厳選食材を集め、食べては感想を言い合っている。今回は、デザート界で不動の人気者・プリンをお取り寄せ。バラエティ豊かな各地のプリンを前に、部員たちはワクワクがとまらない……!

今回の参加部員

  • 池野 奈緒美
  • 小松 壮太
  • 山田 伸哉

いざ、食べ比べ!

岡本屋「地獄蒸しプリン」(大分)
天然温泉の噴気を利用して蒸し上げる“地獄蒸し製法”を昭和63年から継承し、一つ一つ職人が手作り。なめらかな舌触りと、ビターなカラメルのハーモニーがクセになる。6個入/1,560円(税込)
内山味噌店「みそプリン」(茨城))
創業明治5年の味噌屋が3年かけて開発した逸品。味噌はコクのある白味噌を使用。チーズのような濃厚さと味噌の香りが余韻を残す、新感覚のジャパニーズプリン。4個入/1,318円(税込)
牧家「牧家の白いプリン」(北海道)
北海道伊達市近郊の酪農家が生産した「だて牛乳」を使用した、やさしい甘さのミルクプリン。もっちりとした独特の食感と、濃厚な牛乳の味わいがやみつきに。4個入/883円(税込)
神戸フランツ「神戸魔法の壷プリン」(兵庫)
濃厚なカスタードプリン、ふんわり甘いクリーム、丹念に煮詰めた香ばしいカラメルソース。3層に重なった味わいが口の中で絶妙に溶けあい、魔法のような食感が完成! 4個入/1,560円(税込)

池野:今回のお取り寄せは、みんなが愛してやまないスイーツの代表格・プリンですよ! ぷるんとした食感のものから、なめらかでクリーミーなものまで……シンプルなデザートと思いがちですが、じつはプリンってすごく個性豊かなんですよね〜。

小松:さぁ、どのプリンからいってみようか!? オーソドックスな見た目だと、この中では岡本屋の「地獄蒸しプリン」かなぁ。これはその名のとおり、温泉の噴気で加熱調理する“地獄蒸し”という製法で作ったプリンなんだって。

池野:そうそう。別府の町おこしにも役立ったプリンとして話題なんですよ〜。

山田:むむっ、思ったよりもカラメルの苦みが効いているぞ。なめらかなプリンとビターなカラメルが……合う! 甘いものが苦手な人にも食べてほしい、大人のプリンだな。

池野:卵の味もしっかりしていますね。昭和ロマンを感じさせるような、昔ながらの懐かしい味わいです! シンプルだからこそ、フルーツやホイップクリームを盛り合わせて、プリンアラモードにしても美味しそう♡

小松:それはいいアレンジだね。なめらかな食感もクセになるし、別府に行ったら、温泉で足湯に浸りながらこのプリンを食べてみたいなぁ。

山田:次は内山味噌店の「みそプリン」にいってみますか。老舗の味噌店が開発したプリンらしいけれど、味噌とスイーツって合うのかなぁ……?

池野:わわっ! 見てください、このとろ〜り感! プリンというより、濃厚なクリームを食べているみたいです〜。味噌の風味はほんのり感じるけれど、まったくプリンの邪魔をしていない! これ……素直に美味しいじゃないですか!

小松:本当だ。味噌が入ることでプリンの甘さが引き立っているぞ。底のソースにも味噌のコクが効いているね。混ぜながら食べると、より深みが増すなぁ。

山田:イロモノだと思って油断していたが、これほど味噌と洋菓子がマッチするとは……。味噌屋さんのアイディアには、恐れ入りました!

小松:独特の存在感を放っているプリンなら、北海道・牧家の名物商品「牧家の白いプリン」も負けていないね。丸い風船の中にミルクプリンが入っているなんて、斬新だろう?

池野:爪楊枝でプチッと穴をあけると……わぁっ! プリンがつるんと飛び出してきましたよ! こういうエンタメ感があると、期待も高まりますね。

山田:おお、さすがは北海道のスイーツ。普通のプリンと違って、ミルク感があふれている! むちっとした弾力がありながらも、舌の上でゆっくり溶けていく感じが心地よいね。

小松:杏仁豆腐に似たような、まったりとした濃厚さがあるな。付属のカラメルソースも美味しいけれど、何もつけずにそのまま食べてもイケるぞ。ミルクの風味を存分に味わいたいならこれだね!

池野:最後はスイーツ激戦区の神戸から。神戸フランツの「神戸魔法の壷プリン」は、素焼きの壷に入った可愛いプリンですよ〜。なんと1日に25,000個も売れるほど、人気商品なんですって!

山田:ふわふわのホイップクリームの下には、とろっとろのカスタードプリンが! こんなにクリーミーなプリンは初めてだ……。ここまできたら「プリンは飲み物」と言うべきだね。

小松:うん、なんて幸せな食感なんだろう……。クリームとカスタードの甘さが際立っている分、底のほろ苦いカラメルが味を引きしめてくれている。とても上品なプリンだ!

池野:3つの層が口の中でとろけて、絶妙なハーモニーを奏でていますね! 一口食べただけで、やみつきになっちゃいそう……。もう、この壷の中に入りたいくらいです。

小松:(苦笑)。プリンの壷で溺れるなら、君にとっては本望かもな……。

山田:今回は4品とも個性が発揮されていて、プリンの奥深さを見せつけられたなー! どれもほっぺたが落ちる美味しさだっただけに、プレゼントを決めるのが難しいぞ……!?

今回の食べ倶楽部からのプレゼントは…
クイズに答えてプレゼント!!

神戸フランツ「神戸魔法の壷プリン」

コメント
「クリーム、カスタード、カラメルの3層が融合して唯一無二の味わいに。リピート確定!」(池野)、「とろ〜り濃厚なカスタードが絶品。まさに魔法のような食感」(小松)、「未体験の口どけに感動! 余韻が残る美味しさです」(山田

神戸フランツ「神戸魔法の壷プリン」は1日に何個売れるほど人気?
A1,000個 B5,000個 C25,000個

[ヒント:Trace vol.35 食べ倶楽部「池野」のコメントをチェック]

応募は終了しました

※ご応募には、MyLinkログインが必要です。MyLinkにご登録のないNTTグループカード会員様はこちらからご登録ください。

PageTop