トップページ > 食べ倶楽部[高知のご当地スイーツを食べよう!]

食べ倶楽部

高知のご当地スイーツを食べよう!

ここはお取り寄せ大好きな男女が集う「食べ倶楽部」。全国から厳選食材を集め、食べては感想を言い合っている。今回は、やなせたかしさんの特集に合わせて、やなせさんとゆかりの深い高知県のスイーツをお取り寄せ。バラエティ豊かな銘菓を前に、部員たちの期待値も最高潮のよう……!

今回の参加部員

  • 山田 伸哉
  • 青木 真利子
  • 小松 壮太

いざ、食べ比べ!

亜俚亜「徳谷とまとの焼きプリン」(高知市)
幻のフルーツトマト「徳谷トマト」の美味しさを詰め込んだ、濃厚な焼きプリン。卵と牛乳がトマトの酸味で分離しないよう、低温でじっくり蒸し焼きにするこだわり製法。6個入/1,922円(税込)
アグリファーム高知「土佐のかんば餅」(南国市)
安芸郡北川村産のさつまいもと餅米を使用した、村人手作りの特産品。懐かしくて自然な甘さにファンも多い。一度に少量しか作れないため、注文は予約制。切り餅タイプ400g/905円(税込)
安田と夢ファクトリー キララ「安田の白い夢 マンゴー大福」(安芸郡)
高知県産のマンゴーで作った甘酸っぱく濃厚なソースを、やわらかな求肥とクリームチーズの特製餡で包んだ洋風大福。2015年「ご当地おやつランキング」準優勝受賞。6個入り/1,080円(税込)
青柳「土左日記」(高知市)
こしあんを求肥で包み、歯ごたえのある寒梅粉をまぶした一口サイズの和菓子。昭和29年から親しまれる土佐を代表する銘菓で、『土左日記』に見立てた包装箱も特徴。15個入/1,080円(税込)

山田:今回のお取り寄せは、やなせたかしさんの出身地「高知県」のご当地スイーツだ! 高知といえば刺身や鰹のたたきをはじめとする皿鉢(さわち)料理が有名だけど、スイーツにも隠れた名品が多いんだよ。

青木:和洋どちらのスイーツも楽しみねー! じゃあ、まずは亜俚亜の「徳谷とまとの焼きプリン」をいただきましょう。徳谷トマトは高知のブランドトマトで、日本一高級なフルーツトマトとしても知られているの。

小松:鮮やかな赤い見た目は、トマトそのものだな〜。まずは一番上のソースを味見してみるぞ……。おおっ! 甘い! 甘さの中にちょうどいい酸味もあって、確かにトマトを感じる味だ!

山田:真ん中は濃厚なムースのようで、一番下はミルクの風味が効いたなめらかなプリンになっているのか。3つの層が楽しめるなんて、ちょっと得した気分だね。

青木:とろりとした口当たりで、口の中に甘酸っぱいトマトとプリンのハーモニーが広がるわ。トマトは栄養価も高いし、体にも嬉しいスイーツね。あれっ? そういえば山田くん、あなたトマト苦手じゃなかった?

山田:そのはずだったんですが……このプリンは特別です! これだけフルーツのように甘いなら、野菜嫌いも克服できるはず。いや〜、気に入っちゃいました!

小松:次はアグリファーム高知の「かんばもち」が気になるなぁ。かんばとは「干し芋」という意味で、さつまいもで作った干し芋をお餅に練りこんで作るそうだよ。

青木:高知はさつまいもの生産も盛んだから、こうしたお菓子も生まれたのね。

山田:こうやって温めてみると、焼き芋に似たいい香りがするなぁ〜。よし、アツアツのうちにぱくっと……。粘りがあって食感はお餅のままだけど、この懐かしい風味はなんだろう! 素朴でやさしい、ほっこりとした甘さだ。

青木:さつまいも、餅米、砂糖しか使っていないなんて、究極のシンプルスイーツね!ちなみに村のおばあちゃんたちが手作業で一生懸命作っているから、大量生産はできないんですって。作り手の愛情を感じるといっそう美味しいわね。

山田:次は安田と夢ファクトリー キララの「安田の白い夢 マンゴー大福」をいただいてみよう。高知は日照時間が長い南国の気候だから、マンゴーの産地にも適しているんだ。それにしても、大福とのコラボとは珍しいな。

青木:わっ、この“もちぷよ感”は私の大好物! やわらかい求肥の中には……クリームチーズ風味の餡とマンゴーソースが入っているのね! 大福でありながら、立派な洋菓子になっているわ。

小松:これはウマい! 酸味のあるマンゴーソースがクリームチーズのコクと絡みあって、濃厚だけどさっぱり食べられる。普通の大福や苺大福とはまったく違う、ご当地感あふれるスイーツだな〜。

山田:1個あたり180円でこのフルーティーな大福が味わえるなんて、お取り寄せしない手はないね!

青木:最後は高知みやげでも定番の銘菓、青柳の「土左日記」よ。紀貫之の『土左日記』をモチーフにして作られたとあって、書物に見立てたパッケージがユニークよねー。

小松:なるほど、中身は一口サイズの餅菓子か。……うむ、求肥の中にこし餡が入っていて、甘くて美味しい和菓子だ! こういう昔ながらの和菓子って大好きなんだよなぁ。

青木:求肥のまわりについているのは、何かしら?

山田:これはもなか粉、あん等を原料に独自の製法でそぼろ状にしている「寒梅粉」というものなんだって。求肥のモチモチ感にサクサクした歯ざわりが加わって、いいアクセントになっているよね。

青木:社内で配るのにもちょうどいいサイズだし、甘いもので一息つきたい時にはぴったりね。ちょっと小松くん、せっかくだからお茶淹れてよ、お茶!

山田:おっ、いいね〜。これが緑茶に合わないわけがない!

小松:まったく、そうやってすぐ人を使うんだから! まあ、これだけ美味しいスイーツが揃ったことだし……本格的にお茶会でもしながら、今回のプレゼントを決めるとするか〜!

今回の食べ倶楽部からのプレゼントは…
クイズに答えてプレゼント!!

安田と夢ファクトリー キララ「安田の白い夢 マンゴー大福」

コメント
「大福の中身がクリームチーズ餡という、意外性にやられました」(青木)、「つきたてのようにやわらかくて、モッチモチの求肥に感動! 」(小松)、「口の中にマンゴーの贅沢な味わいが広がり、食べた瞬間に笑みがこぼれます!」(山田

「安田の白い夢 マンゴー大福」の餡は何風味?
Aバター風味 Bミルク風味 Cクリームチーズ風味

[ヒント:Trace vol.34 食べ倶楽部「青木」のコメントをチェック]

応募は終了しました

※ご応募には、MyLinkログインが必要です。MyLinkにご登録のないNTTグループカード会員様はこちらからご登録ください。

PageTop