トップページ > 特集 vol.34 やなせたかしのトリビア

やなせたかしのトリビア

このページでは、アンパンマン誕生のトリビア、そしてやなせさんの人生の後半戦のエピソードを中心にご紹介。国民的キャラクターの活躍はみなさんの知るところですが、やなせさんは高齢になっても驚くほど精力的に活躍されていたんです!

アンパンマンは普通のおじさんだった!?

 子どもから大人まで、知らない人はいない国民的キャラクター・アンパンマンですが、その誕生となると諸説あるようです。『やなせたかし 明日をひらく言葉』(PHP研究所)で語られているのは、1960年代、マンガの仕事が激減してラジオやテレビの仕事をするようになったとき、ラジオ番組の5分間のコントとして誕生したというもの。そして1969年に月刊誌『PHP』(PHP研究所)の連載でも、創作童話の一篇として描いていたのだそう。
 何よりも驚きなのが物語の設定。現在のアンパンマンは困っている人やお腹を空かせている人にあんパン(自分の顔)を差し出しますが、当時のアンパンマンは戦争で飢えた子どもたちに「あんパンを配るおじさん」で、未確認飛行物体と間違われて打ち落とされてしまう結末だったのだとか……。
 私たちになじみのあるアンパンマンが登場するのは、それから4年後の1973年、やなせさん54歳のとき。『あんぱんまん』というタイトルの子ども向け絵本がフレーベル館から出版され、捨て身、献身の心をもって正義を行うヒーローが誕生するのです!

アンパンマンは幼児向け?

アンパンマンは子どもが見るものというイメージが強いかもしれませんが、「なんのために生まれて なにをして生きるのか」で始まる「アンパンマンのマーチ」の歌詞のように、子ども向けとは思えないほどの魅力を感じることがありますよね? これは「幼児は大人のグループの中にいるから、じつは年齢層は高い」(『やなせたかし みんなの夢まもるため』NHK出版)というやなせさんの考えが反映されているからかもしれません。「『幼児向け』だとか『何歳児用』なんて細かく区切って、その年の子たち向けに描こうと思っても意味がない」(前掲書)と本人が語っていることからもわかるように、アンパンマンはどんな年齢でも楽しめる作品なんです!

ばいきんまんはなんのために生まれた?

 アンパンマンの宿敵として知られるばいきんまんは、やなせさんが「アンパンマンの成功はばいきんまんの功績が大きい」と語るほどのキャラクターです。
 そもそも初期のアンパンマンには、ばいきんまんは存在していませんでした。誕生のきっかけは、1976年にアンパンマンの大人向けミュージカルを上演した際、個性があってどこか憎めない悪役が足りないとやなせさんが気づいたから。光に対する影のような存在として、食べ物であるあんパンの敵、バイキンを登場させることを思いついたといいます。
 初期のばいきんまんもアンパンマン同様、いまとは異なる姿で、背中の羽根が大きく、ツノには毛が生えていました。そんなばいきんまんがどんな悪役よりも存在感があるワケは、アンパンマンとばいきんまんは対立していると同時に、パンと菌、つまりお互いの存在がないと生きられない共生関係にあるから。「敵だけれど味方、味方だけれど敵」という関係が、アンパンマンという物語に深みを与えているんですね。
 ちなみに、テレビアニメのばいきんまんの“声”は、「気に入らなかったら自分が声優をやる」というほど強い思い入れがあったそう。

ホームレス覚悟だった……アンパンマンミュージアムの設立

 日本テレビでテレビアニメ「それいけ! アンパンマン」が放送開始されるのは1988年、やなせさんが69歳のときでした。アニメの放送が始まると人気はさらに爆発し、1996年にはやなせさんの郷里である高知県香北町(現・香美市)に「やなせたかし記念館アンパンマンミュージアム」が設立されるまでになります。
 ただし、当時の香北町は過疎の町で、やなせさんも「こんな不便なところまでわざわざ来る人はいないと思った」と語るほど(『アンパンマン伝説』フレーベル館)。大赤字になったら家の財産をすべて片づけ、アンパンマンの印税もすべてつぎ込む覚悟だったといいます。
 しかしいざオープンしてみれば、田舎道に自動車の渋滞ができ、食堂や駐車場は連日パンク状態! 年間来場者目標の10万人をたった49日間で達成してしまうほどの大成功を遂げるのです。

高知にはやなせさんが名付け親の駅がある?

アンパンマンミュージアムのある高知には、やなせさんが命名した電車の駅があるんです。それは県内を走る土佐電鉄・土佐くろしお鉄道の「ありがとう駅」。もともとこの路線には、「後免駅(ごめんえき)」と「後免町駅(ごめんまちえき)」の2つが並んでいましたが、「『ごめん』と『ありがとう』という美しい言葉が響き合うように」と土佐くろしお鉄道の後免町駅にやなせさんが愛称を提案。いまでは人の心の通った駅となり、駅名のややこしさも解消されたとか。

84歳で歌手デビュー?

 80歳を超えてもやなせさんの活躍はとどまるところを知りません。なかでも象徴的なのが、84歳にしての歌手デビュー!
 五線譜の音符も読めなかったやなせさんは、80歳を超えて作曲を始めると、ミュージカルの構成を手がけたことをきっかけに、歌うことも始めたのだそう。代表曲は「ノスタル爺さん」。これは、年齢を重ねたやなせさんが「恋多き少年だった爺さんたち」に向けて自ら作詞・作曲した惜春歌。「時の流れは かえらない あーあ ああああ あー」という悲しくもユニークな歌は、アンパンマンのコンサートなどでやなせさん自身が熱唱していたといいます。

90歳を超えて、再び創作活動に

 90歳を超え、体力の限界を理由に引退をほのめかしていたやなせさんを再び創作活動に向かわせたのが東日本大震災でした。震災直後、災害情報が流れるラジオ局に「アンパンマンのマーチを聴きたい」というリクエストが殺到し、在京ラジオ局のリクエストランキングでTOP10入りするまでの反響を呼びます。これを聞いたやなせさんは、被災地の人のために自分が役に立てることがあると、アンパンマンの描き下ろしポスターを制作し東北へ届けます。
 さらに、甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市の海岸に一本だけ残った“奇跡の一本松”をモチーフにした歌やハンカチ、バンダナをつくり、復興をテーマにした映画「それいけ!アンパンマン よみがえれバナナ島」も制作。どんな時代となっても希望を信じて生きていく姿勢を、やなせさんは最後まで伝え続けたのです。


やなせたかしさんの特集はこれだけでは終わりません! 「大人の補習時間」「食べ倶楽部」「トレコメ」でも、やなせさんにちなんだ企画を取りそろえています。ぜひお楽しみください。

協力:公益財団法人やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団 参考文献(順不同) やなせたかし『アンパンマン伝説』『人生なんて夢だけど』『オイドル絵っせい 人生、90歳からおもしろい!』『続・オイドル絵っせい これじゃあ死ぬまでやめられない!』(すべてフレーベル館)、『アンパンマンの遺書』(岩波書店)、『何のために生まれてきたの? 希望のありか』(PHP研究所)、やなせたかし+ちばてつや+西原理恵子+里中満智子+吉田戦車+NHK取材班『やなせたかし みんなの夢まもるため』(NHK出版)、PHP研究所 編『やなせたかし 明日をひらく言葉』(PHP研究所)

  • 1
  • 2

Traceおすすめの関連商品

  • [DVD]千夜一夜物語
  • 【CD】生きているから歌うんだ! [3CD+ハンカチ]<生産限定盤>
  • [DVD]100年インタビュー やなせたかし
  • 【CD】やなせたかし・いずみたくからの歌のおくりもの「0歳から99歳までの童謡」
ハイブリッド総合書店 honto

TOWER RECORDS ONLINE

国内最大級のCDショップチェーン、タワーレコードの公式通販サイト!おトクなプライスオフ・セールやキャンペーンなどを実施中!!CD、DVD、書籍、グッズなど国内最大規模の品揃え!さらに、タワレコだけでしか手に入らない特典付きアイテムや限定商品も満載!

倍増TOWN経由でTOWER RECORDS ONLINEをご利用いただくとNTTグループカードご利用ポイントが通常ポイントの4倍! (2016/1/20現在)

※倍増TOWNのご利用にはMyLinkへのログインが必要です。 ※一部ポイント加算の対象外となる商品・ご注文がございます。詳しくはこちら

※別途送料がかかる場合がございます。 ※掲載の商品は、在庫がない場合や予告なく販売終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。 ※価格は変動の可能性がございます。最新の価格は商品ページでお確かめください。 ※商品の色はご覧頂いている環境によって実際の色とは異なる場合がございます。

PageTop