トップページ > 食べ倶楽部[高級ハムを食べよう!]

食べ倶楽部

高級ハムを食べよう!

ここはお取り寄せ大好きな男女が集う「食べ倶楽部」。全国から厳選食材を集め、食べては感想を言い合っている。今回は、ギフト用としても人気の高い「高級ハム」をお取り寄せ。各地の自慢の逸品を前に、部員たちの期待値も最高潮のよう……!

今回の参加部員

  • 山田 伸哉
  • 池野 奈緒美
  • 青木 真利子

いざ、食べ比べ!

鎌倉ハム富岡商会「伝統の布巻きロースハム」(神奈川)
国産豚ロース肉を伝統の調味液に漬け込み、職人の手作業で一本ずつ丁寧に布と糸を巻き、スモーク。まろやかな味わいとしっとりした食感は、2週間手間ひまかけた努力の賜物。650g/5,400円(税込)
天狗ハム「加賀白山ホワイトロースハム」(石川)
平成元年度、優良ふるさと食品コンクールで農林水産大臣賞を獲得したホワイトロースハム。立ち上る熟成香としっとりした食感、濃厚な豚肉の旨みが特徴の自信作。770g/5,400円(税込)
朝日屋「星ふる街」(山口)
国産最高級豚肉を調味料に漬け込み、本場ドイツの製法で丹精込めてつくり上げた逸品。柔らかくしっとりした食感に、上質な脂身が溶けあい豚肉の美味しさを存分に発揮。450g/3,466円(税込)
お肉の山下屋「手造り燻製オリーブロースハム(小豆島オリーブ味)」(香川)
“幸せの木”と呼ばれるオリーブのチップを使用。ミネラルたっぷりの瀬戸内海水塩と特製スパイスで塩漬けし、じっくり燻製。小豆島のさわやかな風のような味付け。600g/4,011円(税込)

池野:わぁ、今回はハムの食べ比べですね〜!お肉に目がない私としては、加工肉の代表でもあるハムにも期待大!いつも食べているハムとはどう違うんでしょう!?

山田:そうだね。高級ハムといえばお歳暮のイメージが強いけれど、たまには自分でお取り寄せしてみるのも粋な贅沢かもしれないぞ。

青木:じゃあさっそく、鎌倉ハム富岡商会の「伝統の布巻きロースハム」をいただくわよ。ここのこだわりは、手間と時間を惜しまないこと。通常なら数日間で終えるハム作りの工程に2週間もかけているなんて、驚きでしょう?

山田:それは本気度が伝わるね。おっ、布と糸できっちり包まれているとは、なんて神秘的なハムだろう……! ただよう燻製の香りもたまらない。

池野:んっ!赤身と脂身のバランスも絶妙ですね。普段食べているハムよりも豚肉の旨みが生きていて、噛むほどにいい香りが口の中に広がります〜!

青木:布巻きにすることで、燻煙した時の味や香りに微妙な深みが増すんですって。人工繊維で巻かれた通常のハムとの差は、こういう丁寧な仕事ぶりに表れるのね。

山田:高級ハムの老舗といえば、天狗ハムの「加賀白山ホワイトロースハム」も外せないぞ。美しいバラ色の赤身に純白の脂身をまとった断面は、まさに「白山」そのもの。素材の良さがうかがえるな。

池野:上品な肉の旨みと豚肉のいい香り、そしてしっかりとした肉らしい食感!これぞ求めていたハムの最高峰ですよ! 塩味も濃すぎず、何枚でもペロリといけちゃいます。

青木:あなたみたいな食いしん坊さんは、薄くスライスしないとすぐに食べ切ってしまいそうね……。これは燻製をかけないノンスモーク製法のホワイトロースハムだから、シンプルで豚肉本来の美味しさが引き立っているわ。サンドイッチやサラダにも合いそうね。

山田:いつも食べているハムより、赤身の味が特に濃く感じられるね。高級ハムのイメージを裏切らない優等生だ!

池野:朝日屋の「星ふる街」は、ハムというよりお肉のブロックそのものに近い見た目ですね。ナイフを入れてみて……と。むむっ!? この柔らかさは一体!?

青木:……まぁ!口に入れた瞬間、じわりととろけたわ! こんなに柔らかでジューシーなハム、今まで食べたことない。ハムの概念を変える、衝撃の逸品に出会ってしまったわ!

山田:おお、これはウマい! しっとりとしたやさしい舌触りで、噛むとじゅわっと肉の旨みが溢れ出す。脂身は全くしつこくなくて、ほんのり甘みも感じられるな。これだけで立派なメインディッシュになるくらい、完成された味だ!

池野:さすがはドイツ国際食肉加工見本市コンテストで金賞を受賞した自信作。一度口にしたら忘れられないインパクトがあります!これなら、少々お値段が張るのもうなずけますね……。

青木:最後はお肉の山下屋の「手造り燻製オリーブロースハム(小豆島オリーブ味)」ね。ここは小豆島の地域ブランドに着目して、島が誇るオリーブの木で燻製する製法なの。発色剤や添加物を一切使用していないのもこだわりの一つなのよ。

池野:おすすめの食べ方にならって、スライスしたあとは軽くフライパンで火を通してみましたよ♪う〜ん、じゅわっと脂が溶け出した断面に、オリーブのいい香り!

山田:見た目はまるでポークジンジャーのようだな〜。おっ、しっかりとした肉の存在感に、複雑なスパイスの味が絡み合っている。高級ハムと言いながらも、白いごはんが進んでしまいそうだ!

青木:これは斬新! ワインやビールにも合いそうな、大人の味ね。ちょっぴり厚めにスライスして、赤身の食べ応えを楽しむのが私は好みかも♪

池野:ハムってこんなにも、作り手の個性やこだわりが光る食べ物だったんですね。いつもはスーパーの特売ハムしか食べていなかったけれど、封をあけた瞬間やスライスする時の香りも含めて、高級ハムならではの価値があるんだな〜としみじみ感じました!

山田:どれも絶品ハムだったけれど、そろそろ今回のプレゼントを決めるとしよう!さぁ、準備はいいかい……?

今回の食べ倶楽部からのプレゼントは…
クイズに答えてプレゼント!!

朝日屋「星ふる街」

コメント
「燻製の香り、しっかりした肉の旨み、ほろっと溶けていく脂身。最高のバランスです」(山田)、「舌の上でとろけた瞬間の感動が忘れられません!」(青木)、「新感覚の絶品ハム。大切な人に自信をもっておすすめしたいです」(池野

朝日屋の「星ふる街」は、それだけで立派な何になる?
A前菜 Bメインディッシュ Cデザート

[ヒント:Trace vol.32 食べ倶楽部「山田」のコメントをチェック]

応募は終了しました

※ご応募には、MyLinkログインが必要です。MyLinkにご登録のないNTTグループカード会員様はこちらからご登録ください。

PageTop