トップページ > 食べ倶楽部[南国フルーツのスイーツを食べよう!]

食べ倶楽部

南国フルーツのスイーツを食べよう!

ここはお取り寄せ大好きな男女が集う「食べ倶楽部」。全国から厳選食材を集め、食べては感想を言い合っている。今回は、本格的な夏到来を前に、南国フルーツのスイーツをお取り寄せ。各地の自慢の逸品を前に、部員たちの心も躍っているもよう……!

今回の参加部員

  • 山田 伸哉
  • 池野 奈緒美
  • 小松 壮太

いざ、食べ比べ!

大富農園「自家製マンゴーアイス」(静岡)
日本有数の温暖な気候と美しい水源を持つ伊豆で育った高級マンゴーを贅沢に使用。大富農園で生産している5種のマンゴーから、アイスに合う品種を厳選したこだわりも◎。6ケ入り/4,536円(税込)
モンテドール「バナナケーキ」(沖縄)
宮古島の定番お土産としてロングセラーを続けるスイーツ。バナナのおいしさが余すところなく詰めこまれたフワフワのパウンドケーキは、同社の長い歴史の賜物。約350g/864円(税込)
スノーラグーンアイスクリーム「沖縄アイランドパック」(沖縄)
沖縄生まれのアイスクリームブランドが手がけるアイスの詰め合わせ。県産のシークワーサー、田イモ、黒糖に、アルフォンソマンゴーのフレーバーも。好きな分だけカットして食べられる。4個入り/2,754円(税込)
微熱山丘「パイナップルケーキ」(東京)
台湾をはじめ、世界で大人気のパイナップルケーキ専門店「微熱山丘(SunnyHills)」の逸品。素材にこだわり、手作り・完全無添加の本場の味が手軽に楽しめる。10個入り(トートバッグ付き)/3,000円(税込)

山田:夏本番ももうすぐですね〜。今回は、マンゴーにパイナップル、バナナなどなど、南国のフルーツを使ったスイーツをお取り寄せしてみました!

小松:スイーツで夏気分を盛り上げるとは、甘いものになると普段の仕事以上に良い働きをするな……。

池野:えっと……まずは大富農園の「自家製マンゴーアイス」からいただきましょうか!(笑)わぁ、ダイス状にカットされたマンゴーの果肉がアイスの上に乗っかっていて、見た目も鮮やか〜。ミルクベースのアイスからも、マンゴーの甘みがしっかり感じられます!

小松:アイスのテイストはあっさりだけど、マンゴーの濃厚さが絶妙なバランスをつくってくれているね。ふむふむ、伊豆にある大富農園は日本最大級の高級マンゴー園なのか。5種類のマンゴーの樹が植えられていて、このアイスには厳選されたアーウィン種とキーツ種が使われ……。

山田:ふっ、二人とも大変っ! アイスの下のほうにも、マンゴーの果肉がびっしり敷き詰められていますよ!!なんて贅沢なアイスなんだ……。

池野:なるほど。実は、お値段がちょっと高めかなと思っていたけれど、これなら納得です! じゃあ、お次はモンテドールの「バナナケーキ」。沖縄県は宮古島からはるばる空輸されてきましたよ〜。

山田:パッケージを開けた瞬間から、甘い香りが広がってくる。……うん、バナナのおいしさがしっかり詰まっていて、パウンドケーキ状のバナナを食べているみたいだ。これから僕の朝ごはんは、このバナナケーキに決定だな〜。

小松:確かにその楽しみ方はアリだね。味わいはしっかり、それでいて口どけがよいケーキだから、何切れでも食べてしまえるぞ。

池野:アイスや生クリームとの相性もバッチリですね。ちなみに、このバナナケーキは宮古島の名産品として30年近く製造されている、歴史ある逸品なんですって。

山田:沖縄つながりで、スノーラグーンアイスクリームの「沖縄アイランドパック」にいってみましょうか。沖縄発のアイスクリームブランドで、マンゴー、黒糖(シュガーケイン)、田イモ(デンガク)、シークワーサーと、県の特産品4つのフレーバーが楽しめるんだ。

池野:おぉ、四角いパッケージを開けると、アイスがギッシリ詰まっていますっ! マンゴーフレーバーは甘さたっぷり。さすが、マンゴーの王様といわれるアルフォンソマンゴーを使っているだけはありますね。

山田:シークワーサーはシャーベットのようにシャリシャリした食感で、夏バテで疲れたからだに染みわたる爽やかさだな。

小松:黒糖や田イモフレーバーもあなどれないぞ。特に、田イモフレーバーは沖縄県産100%の田イモを使っていて、小豆に似たやさしい甘さ。そういえば子どもの頃の夏休み、おばあちゃんと縁側で小豆アイスを食べたっけなぁ……。

池野:味のバリエーションが豊富だから、子どもから大人まで、家族で楽しむのにはもってこいですね! では最後に、沖縄のもっと南、台湾は微熱山丘の「パイナップルケーキ」を! 台湾で大人気のパイナップルケーキ専門店で、東京にも出店しているんですよ。

山田:ほろほろっと崩れる甘さ控えめな生地と、甘酸っぱいパイナップルの餡の一体感が素敵だね。 繊維をそのまま残してあるから、パイナップル独特の食感も楽しめるし。

小松:完熟パイナップルを手作業でじっくり煮詰めて餡にしているらしいよ。台湾産パイナップル、日本製の小麦粉、フランス産発酵バターを使っていて、添加物は一切加えてないところにもこだわりが感じられる。

池野:コーヒーや紅茶にも合うでしょうけど、せっかくならお茶、それも台湾で生産されている高山烏龍茶と合わせてみたくなっちゃいますね! では、そろそろ今回の「食べ倶楽部」からのプレゼントを決めますか?

今回の食べ倶楽部からのプレゼントは…

今回のプレゼントキーワードは「凍頂烏龍茶」

微熱山丘「パイナップルケーキ」


「パイナップルケーキの概念を覆す逸品。異国情緒も味わえます」(山田)、「ミニトートバッグ付きのパッケージもかわいくて、ギフトにおススメです♪」(池野)、「素朴な味わいの中にこだわりが見える。台湾の職人芸に触れたい方はぜひ!」(小松

応募は終了しました

※ご応募には、MyLinkログインが必要です。MyLinkにご登録のないNTTグループカード会員様はこちらからご登録ください。

PageTop