トップページ > 特集 vol.27 ハワイで受け継がれる“日本”

ハワイで受け継がれる“日本”

日本の夏を象徴するあの伝統行事。実はハワイでも先祖代々、受け継がれていたんです。昔の日本とハワイとの関係が垣間見えるトリビアもご紹介します。

ハワイには100カ所以上のお寺がある!

 明治元年に始まった移民で、ハワイへは全国各地から人々が移り住みましたが、なかでも広島、山口、熊本、沖縄といった地域の出身者が多かったようです。日本人移民全員がサトウキビ畑で農作業に従事していたわけではなく、お寿司屋さんや食料品店を開いたり、日本人向けの教師や医師、お坊さんとして活動するために渡航を決意した人も少なくなかったそう。
 異国で暮らす移住者が心身を安らげるための場所として、銭湯やお寺などもつくられ、いま、ハワイに現存するお寺の数は100カ所以上といわれています。ちなみに、オアフ島にある平等院鳳凰堂を模した Byodo-In Temple は、日本人移民100周年を記念して1986年に建てられたもの。同島のチャイナタウンには Izumo Taishakyo Mission of Hawaii(ハワイ出雲大社)もあり、お参りをしてお守りを手に入れると良縁がある、と若い女性を中心に人気を集めているんです。

ハワイに根付く日本の夏の風物詩とは?

 お寺といえば、これからの季節、全国で盛んに行われるのが盆踊り。なんと、盆踊りはハワイでも「Bon Dance(盆ダンス)」として受け継がれているんです!
 盆ダンスのシーズンは日本の盆踊りより長く、毎年6月から9月初旬にかけて。シーズン中は毎週末、ハワイ諸島のお寺や公園などに「盆ダンスクラブ」のメンバーたちが集まり、日系一世から代々受け継いできた民謡や、日本の盆踊りでも演奏されるアニメの音頭などで踊りを楽しむのだそう。これからのシーズン、ハワイに行かれる方は楽しんでみては?

アロハシャツのルーツは着物の柄?

 ハワイの代名詞といえるアロハシャツ。その誕生には諸説ありますが、日本文化が深い影響を与えているといわれています。
 アロハシャツは、農園で働く労働者が着ていた作業着「パラカシャツ」を原型に、日本人移民が着物をシャツに仕立て直して着ていたところ、着物の柄に惹かれた人々が、シャツの柄として取り入れることで広まったともいわれているんです。20世紀初頭には、反物を使ってシャツをつくる服飾店も現地で誕生し、和柄を使った鮮やかな柄のアロハシャツはハワイの定番ファッションとして浸透します。

“ハワイへの憧憬”を募らせたハワイアンミュージック

 ウクレレやスチールギターが奏でるエキゾチックなハワイアンミュージック。いまでこそ当たり前に聴かれるジャンルですが、日本では1930年代と早い時期からハワイアンミュージックが親しまれ、終戦後の1948年には「憧れのハワイ航路」が大ヒット。1950年代に入ると数千ものハワイアンバンドが存在していたといいます。レコードやラジオから流れる彼らの音楽を聴きながら、日本人はハワイへの憧憬を募らせていたのかもしれませんね。さて、そんなハワイアンミュージックを日本に紹介したキーパーソンは、ハワイ生まれの日系人たちでした。

灰田 有紀彦(1909-1986)

ホノルル生まれの作曲家、スチールギター奏者。日本人ハワイアンミュージシャンや愛好家のほとんどが彼の功績に影響を受けており、日本における“ハワイ音楽の父”ともいわれる。ハワイアンミュージック一筋に生き、日本ウクレレ協会会長なども務めた功労者。


バッキー白片(1912-1994)

ホノルル生まれの日系二世。ハワイ大学時代に「アロハ・ハワイアン・トリオ」を結成し、来日。1937年には日本国籍を取得し、ディック・ミネの「ホノルル娘」をヒットさせる。稀代のスチールギター奏者と呼ばれ、戦後のハワイアンミュージックブームを牽引。石原裕次郎の「俺はお前に弱いんだ」、「ささやきのタンゴ」などの作曲家としても知られる。

 彼らは日本三大ハワイアンバンドと謳われた「大橋節夫とハニー・アイランダース」の大橋節夫とともに、ハワイアンミュージックを日本に広めた功績が称えられ、1986年にはハワイ州知事より表彰も受けているんです。

初のハワイツアー、お土産は100個以上のパイナップル!?

 海外旅行がまだ自由にできなかった1963年。加山雄三主演の映画「ハワイの若大将」が大ヒットし、日本人のハワイへの憧れをさらに強いものにしました。1964年に旅行目的での海外渡航が解禁されると、この年に海外へ渡航した日本人約12万8千人のうち、ハワイをめざした人は全体の3割近くの約3万5千人に上ったといいます。さて、現代のように格安航空券もない当時、ハワイへの渡航費用はいくらくらいだったのでしょう?
 海外渡航が解禁されてから1週間後の同年4月8日、羽田からホノルルに出発した日本初の団体ツアーの料金は、7泊9日で36万4千円。男性会社員の平均月給が約6万円の時代ですから、庶民にはなかなか手の届かない豪華ツアーだったようです……。比較的裕福な参加者が多かったといいますが、参加者は銀行が主催する積立預金を使って、渡航の3年前から毎月1万円ずつの積み立てをしていたといいます。
 そして、記念すべきツアーのお土産で人気だったのは、日本でとても高価だったパイナップル。帰りの飛行機には、なんと100個以上ものパイナップルが積み込まれたそうです!


移民の時代から長いときを経て、いまでも深いつながりを持つハワイと日本。もしハワイに行く機会があったら、そうしたつながりを意識してチェックしてみてはいかがでしょう?

監修:藤沢 セリカ さん/ハワイ・アイランド料理研究家 ハワイ料理や多国籍料理の研究家として、テレビ、雑誌、書籍、ウェブ等で活躍。ハワイ滞在の経験から、ハワイアンカルチャーの造詣も深い。アンチエイジングアドバイザー、ハーブコーディネーターの資格も持つ。
公式サイト「ALOHA DELI」:http://www.aloha-deli.com/
公式ブログ「藤沢セリカの『アロハな暮らし・キレイになる料理』」:http://ameblo.jp/alohacookingstudio/

参考文献 矢口祐人『ハワイの歴史と文化ー悲劇と誇りのモザイクの中で』(中公新書)/『ハワイの教科書』(枻出版社)/藤沢セリカ『おうちでハワイアンごはん60』(宝島社)/その他、ハワイ州観光局、HawaiianNews公式ホームページなど

  • 1
  • 2
トラベルコーナー倍増TOWN

Traceおすすめの関連商品

  • 【Blu-ray Disc】東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい… パラオでイルカと泳ごう!の旅 ハワイの旅 プレミアム完全版~美しの海セレクション~
  • 【DVD】JESSICA YOGA IN HAWAI'I
  • 【Blu-ray Disc】わたしのハワイの歩きかた
  • 【DVD】おうちでハワイ~HAWAII BEACH GUIDE
TOWER RECORDS ONLINE

TOWER RECORDS ONLINE

国内最大級のCDショップチェーン、タワーレコードの公式通販サイト!おトクなプライスオフ・セールやキャンペーンなどを実施中!!CD、DVD、書籍、グッズなど国内最大規模の品揃え!さらに、タワレコだけでしか手に入らない特典付きアイテムや限定商品も満載!

倍増TOWN経由でTOWER RECORDS ONLINEをご利用いただくとNTTグループカードご利用ポイントが通常ポイントの4倍! (2015/6/19現在)

※倍増TOWNのご利用にはMyLinkへのログインが必要です。 ※一部ポイント加算の対象外となる商品・ご注文がございます。詳しくはこちら

※別途送料がかかる場合がございます。 ※掲載の商品は、在庫がない場合や予告なく販売終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。 ※価格は変動の可能性がございます。最新の価格は商品ページでお確かめください。 ※商品の色はご覧頂いている環境によって実際の色とは異なる場合がございます。

PageTop