トップページ > ウワサの協会人[第8回 日本ふんどし協会]

ウワサの協会人 第8回 日本ふんどし協会 会長 中川 ケイジ さん

協会と聞くと真面目で、お役所のようなイメージを抱きがち。ところが、世間にはそんな印象とはかけはなれたユニークな協会が多数存在します。対象物への溢れ出す愛(偏愛)を抑えきれず、ついには協会設立にまで至った。そんな愛すべき「ウワサの協会人」の実態に迫ります。

日本ふんどし協会を設立したきっかけは?

東日本大震災があった2011年のことなんですが、その時、僕はサラリーマンをやっていたんですけど、仕事のことや震災のことなどでうつ病になりまして……。半年間、ドクターストップがかかったんです。その時に、ある人から「ふんどしにするとぐっすり眠れるし健康にいいから、寝る時だけでも試してみたら?」って勧められたんですね。健康にどれだけいいのかっていう話をされ、だまされたと思って試してみたら、こんなに快適なものをなんで今まで知らなかったのか! ってすごい衝撃を受けました。ただ、当時は古典的なふんどししかなくて、もちろん百貨店にも売っていない。健康にもいいし、もっとおしゃれなふんどしがあれば、元気になれる人が増えるんじゃないかと思って、自分のブランド「SHAREFUN」の立ち上げと同時に協会を作りました。

最初、ふんどしを締めることに抵抗はありませんでしたか?

もちろんありました。最初に勧められた時も、ふんどしって、ねじねじのTバックスタイルでお祭りの時に履くような古臭いイメージしかなかったし、着けるのもめんどくさそうだから、「そんなものするわけない」って笑ってたんです。そしたら、ねじねじでもTバックでもない、蝶々結びするだけで履ける「越中ふんどし」というものがあるのを教えてもらって、そこでまず、ふんどしのイメージが変わりましたね。後ろ姿はフルバックのパンツみたいな感じです。

なぜ、ふんどし? パンツじゃダメ?

パンツがNGというわけではないんです。日中はパンツを履いて、寝る時だけふんどしに変えてみるだけでOKです。というのも、ゴムで締め付けることから体を解放してあげることで、メリットがたくさんあるんです。血液やリンパの流れを妨げないので、冷え、むくみ、婦人科系のトラブルなどで悩む女性の方にもおすすめ。寝ているあいだだけでも、締め付けない時間を作ると全然変わってくると、お医者さんにも推薦いただいています。最初にふんどしを勧めてくれた知人は40代の男性なんですが、ふんどしで寝るようになってから下半身に元気が戻ったって言ってました。とにかく一度、ふんどしを試してみてほしい! 戻れなくなります!

女性もふんどしを締めるんですか?

「SHAREFUN」のお客様の50%は女性なんですよ。「越中ふんどし」のほかに、「もっこふんどし」という紐パンのようにサイドの紐を結んで履くタイプもあって、こちらは前垂れがないので、よりパンツ感覚で履けて人気です。

中川さん自身、ふんどしを締めるようになってどう変わったんですか?

まず、お腹の前で蝶々結びをしてふんどしを締める、っていう初めての行為がすごく楽しかったですね。30歳を過ぎて初めての体験ってそんなにないじゃないですか。お風呂上がりにパンツからふんどしに変えただけなんですけど、いつもの日常に新しいことを取り入れる小さなワクワク感から始まって。で、着け心地も快適だし、実際、朝起きた時にぐっすり眠れた感覚がある。それによって、少しずつ気持ちに変化が現れてきたんです。あと、「ふんどし履いてる」って誰かに話したくなるし、話すとその場が盛り上がる。それが、精神安定にもつながったような気がします。

協会の主な活動を教えてください。

日本古来の文化であるふんどしの普及、及び、人々のふんどしに対する理解と関心を高めることを目的として活動しています。「ふんどしの日(2月14日)」の制定や普及活動、ふんどしの普及に貢献いただいた有名人を選出・表彰する「BEST FUNDOSHIST(ベストフンドシスト)」の選考および発表もしています。ちなみに、2014年度の受賞者はサンプラザ中野くんさん(大賞)や矢口真里さん(特別賞)。そのほか、ふんどしにまつわる各種イベントの企画・運営や、オリジナルブランド「SHAREFUN(シャレフン)」の販売、ふんどし生産者さんやメーカーさんの紹介なども行っています。

今後の活動やイベントは?

親子で作るふんどしのワークショップや、「防災ガール★」(※)たちとのワークショップの開催も計画しています。2020年までに日本人全員がふんどしを1着は持っている、そんな時代の到来を目標としています!

※防災意識の高い女性を中心に、防災・減災に関する情報をおしゃれおもしろく、わかりやすく発信するプロジェクト

ふんどしとは

中川さんにとって「ふんどし」とは?

快適な下着であることはもちろんですが、コミュニケーションツールとしての魅力をすごく感じます。「実は今、ふんどし履いてる」って話をするとすごく盛り上がるし、ギフトに贈るのにもいい。もらった人は「なんでふんどしなの?」って必ずなる(笑)。そこから「なぜいいのか?」っていう風に話も広がるし、ふんどしをきっかけに、強い絆やつながりが生まれるのを今までたくさん見てきました。ステテコがおしゃれに生まれ変わって見直されたように、ふんどしの魅力をもっと知ってもらいたい。それによって、日本をもっと元気にしていきたいですね。

協会プロフィール

日本ふんどし協会

入会方法
特別設けていませんが、TwitterやFacebookでフォローいただいた方は、
無条件で会員となります。
入会条件
上記のとおり。
所在地
東京都渋谷区代々木1-55-14 セントヒルズ704
HP
http://www.japan-fundoshi.com/
最新記事の「ウワサの協会人」を読む

TraceおすすめのBOOKプレゼント

人生はふんどし1枚で変えられる

中川 ケイジ [著]


人生は何度でもやりなおせる! 大卒で美容師になったあと、コンサル会社に転職するも、営業成績が悪く思い悩みウツ病になった37歳が、「ふんどし」に出会い独立起業! 復活するまでの物語。たった一人、資本金30万円ではじめた「ふんどし」ビジネス。パンツを捨ててふんどしに賭けた男の生き様と、それをあたたかく応援する妻の姿勢に涙が止まらない……。今話題の「ふんどし」ブームの仕掛人が語る、感動のノンフィクション。

応募は終了しました ※ご応募には、MyLinkログインと、boox for NTTグループカードの会員登録が必要です。MyLinkにご登録のないNTTグループカード会員様はこちらからご登録ください。
プレゼント提供
boox for NTTグループカード
boox for NTTグループカード

『boox for NTTグループカード』は、本(電子書籍含む)・雑誌・CD・DVDを取り扱うオンライン書店!
約200万点の品ぞろえも魅力的! 最速で即日配送にてお届けいたします! また、オトクなキャンペーンや旬の特集企画が目白押し! 本を買うなら『boox for NTTグループカード』でどうぞ!

PageTop