トップページ > ウワサの協会人[第6回 全日本スナック連盟]

ウワサの協会人 第6回 日全日本スナック連盟 会長 玉袋筋太郎さん

協会と聞くと真面目で、お役所のようなイメージを抱きがち。ところが、世間にはそんな印象とはかけはなれたユニークな協会が多数存在します。対象物への溢れ出す愛(偏愛)を抑えきれず、ついには協会設立にまで至った。そんな愛すべき「ウワサの協会人」の実態に迫ります。

全日本スナック連盟(以下、全スナ連)設立のきっかけとは?

『ナイトスナッカーズ』(※)という番組とか、「スナック玉ちゃん」ってイベントだとか、最近はスナックを中心とした芸能活動をやっていまして。そこで勝手に、「全日本スナック連盟の会長だ」って名乗ってたんですよ。そしたら“大人の方”から、「それ、おもしろいから一般社団法人にしちゃおうよ」って、とんとん拍子に実現しちゃったんですよね。登記とかしちゃって、実印なんか押しちゃって(笑)。それが2013年の5月のことですね。
※ 2009年放送スタート。放送休止と復活を経て、現在はJ-COMチャンネルにて放送中

全スナ連のコンセプトは?

日本固有の文化である「スナック」をより普及・発展させ、次世代に残していく。それが我々の理念。スナックって昔でいったら水商売のど真ん中だったわけじゃないですか。なのに今はキャバクラやらガールズバーやらに舵切られちゃってて、そのジャンルの中で端っこに追いやられちゃってる気がするんですよ。それをもう一回、「こっちがメインカルチャーなんだぞ!」って戻したいんです。

具体的には、どんな活動をされているんですか?

スナックって日本全国、どんなにちっちゃい駅にもある。コンビニの店舗数よりきっと多いんですよ。なのに、フランチャイズ化してないのがもったいないなって。それを全スナ連がひとつに束ねる存在になるというか。俺が会長として、表に立ってスナックの番組やイベントやったり、スナックの本を出したりしてね。あとは、ロケ先の地方でスナックのママと情報交換して、全スナ連の「スナック王国(キングダム)」というポータルサイトでお店を紹介したりとか。そういうことでスナック文化を広げていきたいと思ってます。

ほかの水商売にはない、スナックの魅力とは?

キャバクラも散々行ったけど、指名だ、同伴だ、アフターだって、女の子たちの後ろに“バックルームの棒グラフ”が見えちゃうんだよね。「なんだ、俺は歩合の過程か!」ってね(笑)。その点、スナックのアルバイトレディは、にじみ出る生活感があってさ。そのほうが素敵だなぁと。あらかじめ決まったマニュアルサービスって、なんか気持ち悪いじゃない? あと、スナックって店の中でふれあいがあるじゃないですか。例えば、カラオケボックスだと人が歌ってるときにリモコンばっかいじって、歌い終わっても拍手もしねぇけど、スナックだと知らない人が拍手をくれたり、マイクずっと握ったままでいると「あんた、それダメよ」ってママにたしなめられたりさ。譲り合いだとか、最低限のマナーだとか、そういう江戸しぐさがスナックにはまだ残っているんですよね。

“スナックには古き良き日本が残っている、と。

そうそう。あるスナックの話なんだけど、何十年も店やってるママがぶ厚いノートに客の得意な曲を全部書いてあるんですよ。手書きで。なかにはもうお亡くなりになってる方もいるんだけどさ、そこにはお客さんの思い出も詰まっているんだよな。それを家族が見に来て泣いたって聞いて、俺も泣いちゃったもん。だから、本当の意味でのおもてなしって、スナックにあると思うんですよ。

では、いいスナックの見つけ方は?

よく言うんだけど、スナックはハズレもアタリ。今の人って、ラーメン食べたいと思ったらすぐにケータイで検索して、評判の店に行くじゃないですか。そういうのってなんかずるくねぇかなってね。“右に倣え”じゃなくて、やっぱり自分の足とか自分の勘で店の扉を開けてみることが大事だよね。勘も使わないとどんどん鈍っていきますから。だって、ネットでは1位でも、俺にとっては1位じゃねぇかも知れねぇし。みんないいところを取ろうとするからずるいんですよ。ハズレを引いても授業料と思えばいい。みんなモンハン(モンスターハンター)やってるけど、スナックは“リアルモンスターハンター”(笑)。でも、みんなそうやって経験値を上げて成長するんだから。

とはいえ、一見であの扉を開けるのには、なかなか勇気が必要な気も…。

一見さんなんて全然OKですよ。でも、いきなり偉そうにしちゃダメだよね。他所ん家にお邪魔するような感覚で入っていかないと。スナックって、そこにいる人間がひとつの疑似家族みたいなもんだから、「すいません、お邪魔させてもらいます」って、ゴメンのポーズで入っていけばいい。金額がわからなければ、入口で聞いちゃうのもアリ。「ママいくら?」ってね。懐が寂しければ「3千円でいける?」って素直に聞いちゃう。ちなみに全スナ連の加盟店は、ドアにステッカーが貼ってあるから、そこは優良店と思ってもらってよいですよ。

スナック遊びの定義やルールは?

スナックはマニュアルがないのがマニュアル。その場の空気に溶け込むことがおもしろい。
迷ったら常連さんの所作を真似て学ぶんですよ。「こういう頼み方があるんだ」とか、「こういう下ネタでおばちゃんを笑わせたらいいんだ」ってね。客を見て、そこに馴染めばいい。まぁ高度なテクだけど、最初はみんなそうだから。若い人だと「なんでおばさんと飲んでるんだろう?」ってクエスチョンが浮かぶこともあると思うよ。でもそれも楽しんじゃうこと。発想の転換が大事。

カラオケは何を歌えばいい?

とりあえず、自分の知ってる一番古い歌を歌えばいいと思いますよ。スナックに通ってるとね、おじさんたちが歌ってる曲が自然と入っちゃうわけ。それを“心のiTunes”に貯めとくわけですよ。それを次行った店でふと歌っちゃうわけ。そうすると「お前よくそんな歌知ってんな」って、そこでまたその店の常連さんとの会話が生まれたりね。これを我々は“スピードラーニング”と呼んでるんだけどね(笑)。

今後の活動やイベントは?

「スナック玉ちゃん」ってイベントを定期的に開催しています。俺がオーナーで、好きなことしゃべって、飲んで、歌って楽しんでもらうというもの。今後はね、2020年、東京オリンピックで外国人がたくさん来るということで、外国人の方に楽しんでもらえるスナックを作りたいですね。最初はすごい躊躇するらしいですよ。ベルベットのイスに座る店なんてテキサスにないじゃないですか。でも外国人の方たちも最終的にはものすごく喜んで帰っていくみたい。語学堪能なアルバイトレディを雇って、“リアルおもてなし”を体現したいですね。

最後に、玉袋さんにとって「スナック」とは?

人生のエイドステーション。マラソンの水分補給所ってあるでしょ。水分や食べ物も補給しないと、走りっぱなしじゃ死んじゃうじゃない。あとはまぁ、湯治場でもあるね。スナックは心の傷をいやす湯治場で、客は湯治客。キャバクラだと仕事のストレスやら職場で背負っちゃった重い荷物は下せないんだよ。でも、スナックは下していい。嫌なことはここに置いて、家に持って帰らなくていいわけ。ママたちもさ、「それが私たちの仕事なんだから」って言うんだから。そんな場所、ほかにはないと思う。だからスナックを知らないなんてもったいない。ぜひとも若い人たちに行ってもらいたいですね。かといって、俺に金が入ってくるわけじゃないんですけどね(笑)。

協会プロフィール

一般社団法人 全日本スナック連盟

入会方法
スナック店舗は『全日本スナック連盟 事務局』(TEL:03-6804-3066、メールinfo@snaren.jp)までお問い合わせください。加盟費は無料。個人の入会(「スナック王国」ファンクラブ)は、全日本スナック連盟(担当:岡崎)連盟パートナー企業、株式会社ギガ・メディア 03-5911-2629までお問い合わせください。入会は有料(会員証を発行)。
入会条件
店舗:スナック店舗を経営していること、健全かつ良心的な営業を行っていること、その他、当連盟が加盟店にふさわしいと判断した店舗
個人:成人していること
所在地
東京都渋谷区神宮前4−25−6 ジンフラット3F
HP
http://www.snaren.jp/

<撮影協力>「凱旋門」 東京都練馬区東大泉3-4-19 03-3921-9136

最新記事の「ウワサの協会人」を読む

TraceおすすめのBOOKプレゼント

スナックあるある
この素晴らしき魑魅魍魎の世界

玉袋 筋太郎 (著)


笑いすぎに注意!全日本スナック連盟会長浅草キッド・玉袋筋太郎厳選、珠玉のスナックあるあるネタ300。「お代はママの言い値」「ビールの呼び方は『おビール』」「マスターは元々常連客」「最初から最後まで寝てる客」「ピンク電話が現役」など、スナック好きなら思わずうなずくディープなネタのみならず、スナックに行ったことがない人でも楽しめるネタが満載。

応募は終了しました ※ご応募には、boox for NTTグループカードの会員登録が必要です。
プレゼント提供
boox for NTTグループカード
boox for NTTグループカード

『boox for NTTグループカード』は、本(電子書籍含む)・雑誌・CD・DVDを取り扱うオンライン書店!
約200万点の品ぞろえも魅力的! 最速で即日配送にてお届けいたします! また、オトクなキャンペーンや旬の特集企画が目白押し! 本を買うなら『boox for NTTグループカード』でどうぞ!

PageTop