人々をとりこにするボウリング

古代から人々を夢中にさせてきたボウリング。日本では昭和時代に空前のボウリングブームが起こり、最近も人気再燃の気配が漂っています。老若男女を問わず楽しめる国民的スポーツ、そしてレジャーでもあるボウリングの魅力にせまってみます。

ルーツは古代エジプトにあり

ボウリングの歴史は、紀元前5000年頃の古代エジプトに始まります。1896年、イギリスの考古学者でエジプト考古学を確立したフリンダース・ペトリが、古代エジプトの遺跡からピンやボール、大理石製のゲートなどを発見したと論文で発表。ピンに向かってボールを投げるボウリングの原型が古代から親しまれていたことが明らかになりました。
ただし、的に向かってものを当てるのはとても原初的な行為。エジプトに限らず、南太平洋のポリネシアでも数千年前からボウリングのような遊びがあり、紀元前5世紀から6世紀頃にはヨーロッパの人々のあいだでも親しまれていたようです。

あの神学者も夢中でした

中世ヨーロッパでは、ボウリングはスポーツやレジャーではなく“宗教的な儀式”の意味合いが強かったといいます。ピンを悪魔(異教徒)に見立て、うまく倒せればキリスト教への信仰心が篤い人、うまく倒せなければ信仰心が薄い人というふうにジャッジされることもあったとか……。
現代のボウリングにつながるルールの基礎が整えられたのは16世紀頃。考案者はドイツの神学者マルティン・ルターといわれています。熱心なボウラーだったルターは、ピンの本数も配列もまちまちだった時代に9本のピンをダイヤモンド型に並べるルールを考案。ソフトボール大のボールを使い、ときには子どもたちと一緒に熱中していたのだそう。

1本増やせば大丈夫!?

アメリカや日本では10本のピンを倒してスコアを競うテンピン・ボウリングが主流ですが、このルールが生まれたのは、オランダ人移民によってアメリカへボウリングが伝えられた17世紀以降のこと。新天地では賭け事としてボウリングが大流行したため、各州が禁止令を発布。その後、いくつかのクラブがルールを改正し、1895年に設立されたアメリカ・ボウリング協会で、10本のピンを正三角形に並べるテンピン・ボウリング競技の規格統一が行われました。「9本が違法なら1本増やせば大丈夫だろう」という悪知恵から生まれたという、本気とも冗談ともわからないエピソードもあるほど、人々はボウリングに夢中だったようです。

江戸時代にボウリング場がオープン

日本で最初にボウリングが行われたのは幕末といわれています。1861年、長崎の外国人居留地にボウリングレーン付きの社交サロンが開業すると、横浜や神戸といった港町にもボウリングレーン付きのサロンやクラブが誕生。明治、大正時代には京都青年館や東京・神田のYMCA体育館にボウリングレーンが設置されました。長崎のサロン開業時には、日本で最初の英字新聞「The Nagasaki Shipping List and Advertiser」に新装開店の広告が出稿され、そのオープン日が「6月22日」だったことから、同日は日本ボウリング場協会から「ボウリングの日」と制定されているんです。
太平洋戦争敗戦後は、全国各地の米軍基地にボウリング場が設置されました。そして1952年、戦後初の民間ボウリング場となる東京ボウリングセンターが東京・青山に開業します。同センターは会員制で、ハンバーガーやビールも味わえる最先端のスポットだったものの、経営の障壁となったのが高額なゲーム料……。東京都内の映画料金が平均約91円の時代に、入会金は1万円(10万円以上の株主は入会金と年会費は不要)という条件だったせいか思うように会員が集まらず、開業翌年には別会社の第一ホテルに経営権が委譲されてしまったそう。

自動化でボウリング人気が加速!

東京ボウリングセンターは経営が代わってから会員制を廃止、宣伝活動も強化して利用者を増やしていきますが、ボウリングはまだ外国人やごく限られた人に楽しまれるものでした。庶民も巻き込む空前のブームが訪れたのは1960年代以降。きっかけのひとつとされるのが設備の自動化です。
自動化以前のボウリング場では、ピンボーイと呼ばれるスタッフが倒れたピンを回収してセットし直し、スコアの記録もスコアキーパーが手作業で行っていました。人件費がかかるだけでなく、ピンボーイが作業中にボールと接触してしまう事故も起こっていたそうです。しかし、1961年に自動式ピンセッターが発表され、東京・後楽園のボウリング場が導入すると、割高なゲーム料金にも関わらず連日2〜3時間待ちになるほどの話題に。効率的な運営が可能になったことでさまざまな業種の大手企業が参入し、各地にボウリング場が誕生、若者を中心に広く楽しまれるようになったのです。


レジャーブームなども影響し、スポーツと接点がなかった層にもからだを動かす楽しさを伝えるきっかけとなったボウリング。次ページでもその変遷をたどっていきます!

  • 1
  • 2

Traceおすすめの関連商品

  • [ゲームソフト]THE 体感!スポーツパック ~テニス・ボウリング・ゴルフ・ビリヤード~
  • [CD]レッツゴーボウリング(通常盤)
  • [DVD]ボウリング革命 P★LEAGUEオフィシャルDVD VOL.13
  • [本]ボウリング 最強入門バイブル コツがわかる本!
TSUTAYA オンラインショッピング

TSUTAYA オンラインショッピング

TSUTAYA オンラインショッピングは、DVD・CD・GAME・本のエンタメショッピングサイトです。 オリジナル特典付きの商品やポイントサービスなどお得もいっぱい!!
最新ランキング情報やプレゼント、セールなどのキャンペーン情報はサイトでチェック!


倍増TOWN経由でTSUTAYA オンラインショッピングをご利用いただくとNTTグループカードご利用ポイントが2倍!(2019/6/20現在)

※倍増TOWNのご利用にはMyLinkへのログインが必要です。 ※一部ポイント加算の対象外となる商品・ご注文がございます。詳しくはこちら

※別途送料がかかる場合がございます。 ※掲載の商品は、在庫がない場合や予告なく販売終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。 ※価格は変動の可能性がございます。最新の価格は商品ページでお確かめください。 ※商品の色はご覧頂いている環境によって実際の色とは異なる場合がございます。

最新記事

  • マラソンの歩み
  • 目から健康になる“眼トレーニング”
  • 夢と理想を追うジーンズづくり
  • NTTファイナンス法人向けカード Biz Card発行 SPECIAL CONTENTS ビジネスにこそカード利用で「キャッシュレス化」を!そのメリットとは? 消費生活ジャーナリスト 岩田昭男 Interview

キャンペーン/プレゼント

  • Trace プレゼントキャンペーン

おすすめの注目記事

  • 懐かしき学校給食
  • 天気予報の世界
  • 心高鳴るロボットの世界
  • 色あせないジーンズの世界
  • 華麗なるエアライン
  • 日本人とビールの蜜月
  • 愛される軽自動車
  • 歯周病にならないための歯磨きケア
  • キャッシュレス時代の電子マネー利用術
  • 失敗しない地方移住のステップ
  • おとなの補習時間
  • はたらクリップ
  • くらBEST
  • トレスポ
  • Trace リサーチ隊
  • トレコメ
  • ウワサの協会人
  • 食べ倶楽部
  • YUKICHIで贈る
  • ときよの本音
  • NTT Group Card カードのお申込み

PageTop