華麗なるエアライン

1903年12月17日、アメリカのライト兄弟が、グライダーにガソリンエンジンとプロペラを取り付けた「フライヤー1号」で59秒間、260メートルを飛び、飛行機時代の幕が開きました。それから11年後の1914年、世界初の定期旅客輸送便が就航します。今回の「Trace」はそんな旅客機=エアラインの歴史にフォーカスを当ててみます。まずは世界初のエアラインのお話から!

世界初のエアラインは約20分間で1万ドル!!

世界初のエアラインは1914年1月1日、アメリカ・フロリダ州タンパ湾で、タンパと対岸のセントピーターズバーグ間の35kmを飛行艇で1日2往復運航したセントピーターズバーグ・タンパ・エアポート・ライン社とされています。
記念すべき最初の乗客は、セントピーターズバーグの元市長。22分間のフライトのチケットは400ドルで、今のお金に換算すると1万ドル(約100万円)ほどの価値にもなるんです。
なぜこれほどまで高額だったのか、その理由は「我こそは!」と初便に乗りたい人が殺到して、5ドルだった運賃がプレミア化してしまったから。しかし、当初の人気はどこへやら、乗客1人という採算性のなさや、湖上を滑走する際に水しぶきを浴びることで敬遠されてしまい、同社は半年も経たずに運航を止めてしまいました。

シラフでは乗りこめない!?

飛行機技術が進化する契機となった第一次世界大戦。終戦後は、戦中に開発された偵察機や爆撃機を改造して、郵便貨物や旅客の輸送が始められました。
特にドイツは、地上の鉄道や道路がほぼ破壊されてしまったことで、いち早く偵察機を改造して定期旅客便の運航(ベルリン〜ワイマール間)をスタート。それに続き、フランスやイギリスでも爆撃機を改造した旅客機がつくられ、1919年8月にロンドン〜パリ間で運航を始めたエアクラフト・トランスポート&トラベル社は、世界初の国際定期旅客便といわれているんです。
ただし、当時の旅客機は今と違い、コクピットは風防が前面についているだけのオープンタイプが主流。乗客は「何事があっても文句を言わない」と誓約した上で狭いキャビンに乗り込んでいたそう。なかには搭乗前にワインを飲み、気分を落ち着けてから乗る人もいて、黎明期の空の旅は楽なものではなかったようです。

特急料金の数十倍!空の旅はまだまだ高嶺の花

現在、日本国内で定期旅客便を運航するエアラインは20社以上、日本に乗り入れている外国のエアラインは60以上に上り、世界では700社を超えるといわれています。そんなエアライン界に現存する最古参が、1919年に設立されたKLMオランダ航空です。設立翌年にアムステルダム〜ロンドン間の運航を始めたKLMは、1929年にはインドネシア路線を開設してヨーロッパとアジアをいち早くつなぎ、その後も太平洋路線、カリブ海路線と拡大していきました。
日本でも1920年代には定期旅客便が始まり、東京〜静岡間で運航していた東京航空輸送社は、国内で初めて女性客室乗務員を乗務させたエアライン(次ページ参照)。また、当時から満州(現中国東北部)や台湾、南洋諸島を結ぶ路線も運航されていました。
とはいえ、運賃はまだまだ高く、大日本航空が運航していた横浜〜サイパン〜パラオ間の飛行艇は、サイパンまでが片道235円、パラオまでが375円。東京~大阪間の超特急の3等車が特急料金込みで8円だった時代ですから、庶民でも気軽に利用できる現在のエアラインとは大違いですね。

戦後設立された国内二大エアライン

太平洋戦争に敗れた日本は、GHQにより飛行機の開発が禁止され、エアラインの設立も認められませんでした。日本の定期旅客便が本格的に再開されるのは1951年のこと。日本航空がノースウエスト航空(現デルタ航空)に委託するかたちで、定員40人のマーチン202で東京〜大阪〜福岡間の運航を始めます。会社員の初任給が1万円前後の時代に、運賃は東京〜大阪間が片道6000円、東京〜福岡間は1万1520円だったといいます。日本航空設立の翌年には、全日本空輸の母体となる日本ヘリコプター輸送も設立され、1954年には日本航空が東京〜サンフランシスコ間の国際旅客定期便も開設します。

ジャンボジェットで地球が狭くなった

誰もが気軽にエアラインを利用できるようになるには、プロペラ機からジェット機への移行が欠かせませんでした。1952年、イギリスのデハビランド社が開発したジェット機・コメットMk.Iがロンドン〜ヨハネスブルグ間で就航し、より高速な輸送が実現したのです。
コメットMk.Iは大規模な事故が続いたため1954年に退役しますが、アメリカからは130人乗りのボーイング707やダグラスDC-8などが登場し、本格的な“ジェット時代”が到来します。国際会議やシンポジウム、スポーツイベントなどが世界各地で開かれるようになったのは、エアラインの発展のおかげといっても過言ではないでしょう。
そして1969年、ボーイング747、通称「ジャンボジェット」が初飛行に成功し、翌年にはパンアメリカン航空のニューヨーク〜ロンドン間で運航を始めます。同機はそれまでの旅客機の胴体直径を2倍近い大きさに広げたワイドボディ機で、従来の国際線が200人程度の乗客数だったのに対し、500人近い乗客数を確保でき、エアラインは高速かつ大量輸送の時代に突入。ほかの航空機メーカーも、ダグラスDC-10、エアバスA300といったワイドボディ機を投入し、庶民の間でも海外旅行が一気に身近なものになりました。今では当たり前のディスカウントチケットも、ワイドボディ機なくして実現しなかったのです。
ちなみに、「ジャンボジェット」というニックネームについて、ボーイング社は“鈍重なイメージに通じる”と嫌っていたのだそう。同社は「スーパージェット」という愛称を広めようとしましたが、すでに「ジャンボジェット」が定着してしまっていたため、受け入れられることはなかったとか……。

戦後設立された国内二大エアライン

かつて、日本は世界が注目する航空大国でした。国内初の本格的な国産旅客機は、1936年に中島飛行機が開発した中島AT-2で、日本航空輸送や大日本航空など、黎明期の国内エアラインで運航されていました。
1940年には三菱重工業から三菱MC-20も登場し、広く活躍していたものの、前述の通り敗戦によって飛行機開発が禁止されると、戦後初の国産旅客機であるYS11(日本航空機製造)が登場するまでに長い年月がかかります。
現在は国産初のジェット機となるMRJ(三菱航空機)の開発が進められています。MRJは客席数が50から100席ほどの小型のジェット機=リージョナルジェットで、細分化されている現代のエアラインには欠かせない存在。2020年の導入が楽しみですね。

LCCの誕生は意外に古い?

近年はLCC(Low Cost Carrier/格安航空会社)の浸透で、空の旅がより身近なものになりました。LCCの歴史は意外にも古く、1970年代にアメリカのサウスウエスト航空が、大手エアラインとの差別化を図るため、提供するサービスを最小限にしてコスト削減、低運賃を実現したことから始まります。
このビジネスモデルは世界に拡大し、1980年代から90年代には、アイルランドのライアンエアー、イギリスのイージージェット、そしてアジア最大のLCCとなるマレーシアのエアアジア(当時はTune Air)といったLCCが誕生。2000年代に入ると、シンガポールのタイガーエアウェイズ、タイのノックエア、オーストラリアのジェットスターなども勢力を伸ばし、大手エアラインによるLCCの子会社化、系列化なども進められるようになりました。
日本でも航空自由化を受けて1998年にスカイマークが運航を始め、格安運賃で大手エアラインに対抗。2012年には国内初のLCCとなるピーチ・アビエーションも就航し、国内外でLCCのシェアは拡大し続けています。


1万ドルからスタートしたエアラインも、今ではLCCのおかげで、数千円で海外に行けることも珍しくなくなりました。次のページでは、エアラインに抱く素朴な疑問も解消してみます!

  • 1
  • 2

Traceおすすめの関連商品

  • ホノルル
  • ロサンゼルス
  • パリ
  • シンガポール
LOHACO

JTB【海外航空券・現地ツアー】

JTBの海外航空券・海外現地ツアー予約サイトです。オンライン予約は手配・発券手数料〈0円〉! 今予約できる空席のみがリアルタイム検索できるのでラクラク予約♪また、定番の半日・日帰り観光をはじめ、宿泊付き現地ツアーや空港⇔ホテル送迎プラン、ショーチケットなども各種ご予約頂けます!


倍増TOWN 経由で JTB【海外航空券・現地ツアー】をご利用いただくと NTTグループカードご利用ポイントが 3倍!(2018/5/18現在)

※倍増TOWNのご利用にはMyLinkへのログインが必要です。 ※一部ポイント加算の対象外となる商品・ご注文がございます。詳しくはこちら

※別途送料がかかる場合がございます。 ※掲載の商品は、在庫がない場合や予告なく販売終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。 ※価格は変動の可能性がございます。最新の価格は商品ページでお確かめください。 ※商品の色はご覧頂いている環境によって実際の色とは異なる場合がございます。

キャンペーン / スペシャルコンテンツ

  • Trace プレゼントキャンペーン
  • 人生100年時代の賢いシニア起業
  • クレジットカード How to 2020
  • NTTファイナンス法人向けカード Biz Card発行 SPECIAL CONTENTS ビジネスにこそカード利用で「キャッシュレス化」を!そのメリットとは? 消費生活ジャーナリスト 岩田昭男 Interview

おすすめの記事

  • サウナでひと息
  • 仕事の効率を高める“昼寝のコツ”
  • スニーカーの世界
  • 有人宇宙飛行、新時代
  • 魅惑の腕時計
  • 天気予報の世界
  • 令和の避難対策を考える
  • 動画配信サービスの選び方
  • 5Gで変わる未来の暮らし
  • インターネットがつなぐ新しい副業
PageTop