愛される軽自動車

今回の「Trace」では、日本独特の車両カテゴリーとして進化を遂げている「軽自動車」にフォーカス! マイカーとして日常的に使っている人も少なくないでしょうが、いつ頃から世の中に登場し、私たちの生活を支える足として根付いていったのでしょう? まずは“軽自動車の定義”のおさらいから始めてみましょう!

小型車、普通車と何が違う?軽自動車の車両規格をおさらい!

日本独特の自動車カテゴリーである「軽自動車」。車両価格が比較的安く、税金面でも優遇されることから、日本人になくてはならない乗り物として定着しています。では、軽自動車の定義ともいえる車両規格を正確に言える方はいるでしょうか? 実は軽自動車は、その車両規格が生まれた1949(昭和24)年から何度も規格が改訂されているんです。

軽自動車の車両規格はこれだけ変わった

軽自動車の誕生から現在までに、全長は600mm、排気量は4倍以上にも拡大! ちなみにこの規格を超えるものが、小型車もしくは普通車として登録されます。

日本初の軽自動車は「サンダルのような手軽さ」

冒頭で触れた通り、軽自動車規格が誕生したのは1949(昭和24)年のこと。従来の小型自動車というカテゴリーが、「小型自動車」と「軽自動車」に分割されたのが始まりです。当時の規格は四輪車としては小さいものでしたが、1951(昭和26)年に排気量が拡大されたことを受け、翌年に日本で最初の軽自動車「オートサンダル」が発表されます。
オートサンダルは名古屋に本社を置く中野自動車工業が開発したもの。「サンダルを履くように手軽に乗れるものを」という願いが込められた自動車は、1953(昭和28)年から販売が開始され、2年間で200台販売されたといいます。いまの常識から考えると驚きなのが、そのデザイン。いわゆる「オープン2シーター」だったものの、リアにあるトランクスペースにもシートが敷かれていて、補助席として活用できたそう!
オートサンダルに続けとばかりに、1950年代中頃には軽自動車のバリエーションも多彩に。ただし、当時はトヨタや日産といった既存の自動車メーカーが参入することはなく、中小の機械メーカーや異業種企業が開発に乗り出していたようです。腕に覚えのあるエンジニアたちにチャンスがあったからこそ、軽自動車業界は隆盛に向かっていくんですね。

庶民の自動車への意識を変えた「てんとう虫」

軽自動車の世界観、そして日本人の自動車への意識を大きく変えたといわれているのが、1958(昭和33)年に富士重工業が発表した「スバル360」です。「てんとう虫」や「サブロク」の愛称で知られるスバル360は、「軽自動車の規格の中で大人4人が乗れる乗用車をつくる」という、当時としてはチャレンジングな課題解決を目指して開発されたもの。航空機づくりのノウハウを活かし、日本車では珍しかったモノコック構造のボディを採用し、リアにエンジンを置いてエンジンと駆動系をコンパクトに配置。また、10インチという、従来にない小径のタイヤサイズをブリヂストンと開発することで、居住空間や走行性能も確保しながら4人がゆったり乗れる空間を実現しました。
スバル360は販売以来、1969(昭和44)年にモデルチェンジされるまで10年以上にわたって広く支持を集めました。自動車としての完成度の高さは、軽自動車という枠を超えて日本車のクオリティを世界水準に押し上げ、いまでも根強い愛好家がいるほどなんです。

軽自動車開発に拍車をかけた国民車構想

昭和30年代中頃は、戦後の混乱期から生活が安定し始め、庶民にとって高嶺の花だった自動車への関心が高まりました。そんな時代に、軽自動車開発に拍車をかけたのが「国民車構想」です。
これは、1955(昭和30)年5月に当時の通商産業省自動車課が発表した「国民車育成要綱案」のこと。アメリカにはT型フォード、ドイツにはVWビートルといった、庶民でも購入できる安価な乗用車があったことから、「日本でも庶民が乗用車を持てるように」と計画されました。国民車の条件は、最高時速100km以上、定員4人、排気量350〜500cc、燃費30km/L以上、販売価格25万円以下など。これらの条件を満たす自動車をメーカーから募って審査し、開発資金を出すなどして生産を補助するというものでした。
結局、この構想は「この原価では技術的に難しい」という自動車工業会理事会からの結論が出て実現せずに終わったものの、メーカーや開発に携わるエンジニアが理想的な自動車開発に向かって知恵を絞ったことから、スバル360のような自動車の誕生にも大きな影響を与えたのです。

ロングセラーを続ける軽4WDが軽自動車の世界進出の契機に

昭和30年代後半以降、日本の自動車保有台数は毎年100〜200万台のペースで増加し、軽自動車だけをみても、1963(昭和38)年の100万台、1966(昭和41)年の200万台、1968(昭和43)年の300万台と驚異的な伸びをみせます。そんな軽自動車の黄金時代に、新ジャンルの軽自動車として脚光を浴びたのが、1970(昭和45)年にスズキが開発し、現在も人気を得ている「ジムニー」です。
乗用車、トラックに次ぐ軽自動車のあり方を検討していたスズキは、時代のニーズは多様化の方向に進むと察知。軽自動車ながら本格的な悪路走行を可能にしたジープタイプの軽4WD車を世に送り出しました。当初は山間部や土木作業現場での使用を想定した少量生産だったものの、レジャー車としての需要も掘り起こし、その後のRVブームの先駆けに。さらに、軽量でありながら堅牢仕様の四駆として、狭い道路や悪路が多い東南アジアを中心に、世界中に輸出される契機ともなったのです!

レジャーに特化!? こんな軽もありました

ホンダ バモスホンダ(1970〈昭和45〉年)

軽バンをベースにしながらも、ルーフやサイドパネルも取り払ってしまったフルオープンの軽自動車。4人乗りで200kgの荷物を搭載できる商用車として開発されたものの、遊び心ある先進的なデザインが、アウトドア好きな若者にも人気に。


ダイハツ フェローバギー(1970〈昭和45〉年)

アメリカ西海岸で流行していたオフロード用バギーにヒントを受け、リーズナブルな4人乗りセダンとして評判だった「フェロー」をベースに開発されたバギー車。1968(昭和43)年の東京モーターショーで出品され、のちに限定販売された一台。


日本人の足から、世界中の人々の足としても進化した軽自動車。次ページでは、軽自動車にまつわる疑問も掘り下げていきます!

  • 1
  • 2

Traceおすすめの関連商品

  • ダイハツ タント
  • スズキ ハスラー
  • ホンダ N-ONE
新車見積もりトップクラス

新車見積もりトップクラス

オートックワンならWEBから新車見積もりができるので、複数メーカーを無料で気軽に見積もることができます。情報入力は最短『60秒』でOKです。


倍増TOWN経由でオートックワンをご利用いただくとNTTグループカードご利用ポイントが400ポイント! (2016/4/20現在)

※倍増TOWNのご利用にはMyLinkへのログインが必要です。
※一部ポイント加算の対象外となる商品・ご注文がございます。詳しくはこちら

※別途送料がかかる場合がございます。 ※掲載の商品は、在庫がない場合や予告なく販売終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。 ※価格は変動の可能性がございます。最新の価格は商品ページでお確かめください。 ※商品の色はご覧頂いている環境によって実際の色とは異なる場合がございます。

キャンペーン / スペシャルコンテンツ

  • Trace プレゼントキャンペーン
  • 人生100年時代の賢いシニア起業
  • クレジットカード How to 2020
  • NTTファイナンス法人向けカード Biz Card発行 SPECIAL CONTENTS ビジネスにこそカード利用で「キャッシュレス化」を!そのメリットとは? 消費生活ジャーナリスト 岩田昭男 Interview

おすすめの記事

  • サウナでひと息
  • 仕事の効率を高める“昼寝のコツ”
  • スニーカーの世界
  • 有人宇宙飛行、新時代
  • 魅惑の腕時計
  • 天気予報の世界
  • 令和の避難対策を考える
  • 動画配信サービスの選び方
  • 5Gで変わる未来の暮らし
  • インターネットがつなぐ新しい副業
PageTop