トップページクレジットカード How to 2020 > 電子マネーチャージもカードで可能!

キャッシュレスの王道 クレジットカード How to 2020

新定番シーン

電子マネーチャージもカードで可能!

最近ますます便利になった電子マネーですが、うっかりチャージを忘れてしまって肝心の便利さを享受できないことも……。しかし、各種サービスにクレジットカードを登録しておけば、ちょっとしたスキマ時間でもチャージでき、残額を気にすることなく電子マネーを活用できます。ここではクレジットカードで電子マネーをチャージするメリットや注意点をご紹介します。

クレジットカードで支払うメリット 現金を持ち歩く必要がなくオンラインでチャージ可

楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCAなど、さまざまな電子マネーのチャージをクレジットカードで行うことで、現金を持ち歩く必要もなく、残高が少なくなってもすぐにオンラインでチャージできるところが最大の利点でしょう。
また、NTTグループカードでは電子マネーへのチャージ分もポイント加算対象となるところもうれしいメリットです。

クレジットカードで支払う方法

スマートフォンのアプリから一度クレジットカードを登録してしまえば、簡単にチャージできる電子マネーがほとんどです。Suicaを例に挙げると、Suicaアプリをダウンロードしたうえでクレジットカードを登録するだけ、と手続きはとてもシンプル。カードタイプのSuicaをご利用の方は、Suicaに対応している駅の多機能券売機やみどりの窓口、指定席券売機などでクレジットカードを使ってチャージすることもできます。

NTTグループカードでの電子マネーチャージはこちら

https://www.ntt-card.com/service/e-charge/index.shtml

クレジットカードで支払う注意点 オートチャージはカードが限定される

オンラインで初めてクレジットカードでチャージをする場合は事前登録が必要です。また、残高が設定金額未満になった場合に自動的にクレジットカードからチャージするオートチャージを利用するには、電子マネーによって対象となるクレジットカードが異なるため、お使いの電子マネーの公式ホームページから確認してみることをおすすめします。

「クレジットカード How to 2020」 おすすめ記事

PageTop